2018年度 植草学園大学・短期大学 デジタルパンフレット
21/48

地域介護の観点から介護の問題に向き合える介護福祉士へ専門性と地域福祉の視点を併せもった介護福祉士を育てます。多くの人は、年老いても、障害や疾病があっても、住み慣れた地域で自分らしく暮らすことを望んでいます。そうした、地域で育んだ「その方の物語」を支えるため、本専攻では地域福祉の視点から介護の問題に向き合える介護福祉士を養成します。全国の介護福祉士養成校378校(平成28年度)のうち、ただ1校、専攻名に「地域」と冠しているのはそのためです。介護福祉の理念は「その人のもてる力を最大限引き出し、環境との関わりが良好に保てるよう調整し、社会の中でその人らしく生きることを支援すること」にあります。介護福祉の理論と実践を学び、生きがいも支援できる介護福祉士をめざしてください。福祉学科長 地域介護福祉専攻主任 布施 千草地域介護福祉専攻の特色123取得できる資格その他の取得可能な資格● レクリエーション・インストラクター資格※● 健康管理士一般指導員資格※● ピアヘルパー資格※※※ 必要な科目を履修した場合に取得可能となる資格です。※※ 必要な科目を履修し試験に合格した場合に取得可能となる資格です。● 介護福祉士国家試験受験資格● 社会福祉主事任用資格● 介護保険事務士資格介護福祉士国家試験受験資格のほか介護保険事務士、健康管理士一般指導員、レクリエーションインストラクター、ピアヘルパーなどの資格を取得できます。高度化・多様化する介護ニーズに対応するために。住み慣れた地域で暮らし続けられる支援を重視し、そのために必要な情報力、想像力、創造力を身につけ、ご本人の気持ちを大切にする関わり方を学びます。地域福祉の視点で介護を考える素地をつくります。高齢世代の思いを知るために地域活動に参加したり、現場で実際に働いてみるワーキング・スタディなどで、社会の動きに対応できる力を養います。「いま」を理解し、社会の動きに対応できる力を。福祉学科 地域介護福祉専攻20UEKUSA GUIDE BOOK 2018

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です