短期大学

福祉学科(児童障害福祉専攻) 授業内容

将来の夢に向かって効率良く学べるカリキュラム

【1年次】専門分野の実践的な内容を学ぶ


基礎科目 [人文系]日本の文化 道徳と福祉の心
[社会系]日本国憲法 コンピュータ概論 コンピュータ演習 キャリアガイダンスⅠ
[外国語]総合英語Ⅰ 総合英語Ⅱ
[体育]スポーツ・レクリエーション(講義) スポーツ・レクリエーション(実技)
[異文化理解]海外福祉研修
専門科目 保育原理 教育原理 児童家庭福祉 社会福祉 相談援助 社会的養護 障害福祉論 子どもの保健ⅠA 子どもの保健ⅠB 子どもの保健Ⅱ 小児栄養 保育課程論 保育内容演習(健康) 保育内容演習(人間関係) 保育内容演習(言葉) 乳児保育 障害児保育Ⅰ(障害児の保育・教育法) 保育相談支援 カウンセリングの基礎と方法 障害児の生活 保育の表現技術Ⅰ(身体表現) 保育の表現技術Ⅰ(音楽表現) 保育の表現技術Ⅰ(造形表現) 保育の表現技術(言語表現) 保育の表現技術Ⅱ(音楽表現) 保育の表現技術Ⅲ(音楽表現) ボランティア体験実習 保育実習Ⅰ(保育所) 保育実習指導Ⅰ(保育所) 教育実習Ⅰ(参観実習) 教育実習Ⅲ(特別支援学校・学級)

 

【2年次】プロとしてのスキルを磨く


基礎科目 [社会系]キャリアガイダンスⅡ
専門科目 保育者・教師論 障害教育論 保育の心理学Ⅰ 保育の心理学Ⅱ 子どもの食と栄養 家庭支援論 発達障害心理学 保育内容総論 保育内容演習(環境) 保育内容演習(表現) 障害児保育Ⅱ(障害児保育・教育と福祉) 社会的養護内容 レクリエーション理論 保育の表現技術Ⅱ(身体表現) 保育の表現技術Ⅱ(造形表現) 保育の表現技術Ⅳ(音楽表現) 特別支援教育原論 知的障害の子どもの心理・生理・病理 肢体不自由の子どもの心理・生理・病理 病弱の子どもの心理・生理・病理 知的障害教育Ⅰ 知的障害教育Ⅱ 肢体不自由教育 病弱教育 視覚・聴覚障害教育総論 学習障害・重複障害等教育総論 言語障害教育総論 特別支援教育実習 特別支援教育実習事前事後指導 保育実習Ⅰ(施設) 保育実習Ⅱ(保育所) 保育実習Ⅲ(施設) 保育実習指導Ⅰ(施設) 保育実習指導Ⅱ(保育所) 保育実習指導Ⅲ(施設) 教育実習Ⅱ(幼稚園) 教育実習Ⅱ・Ⅲ事前事後指導 教職実践演習(幼稚園) 保育実践演習(保育・障害支援 卒研)

 

多くの専門科目の中から学びたい科目が選べます

専門性が身につく充実したプログラム

「保育内容演習」

子どもは遊びの中で育ちます。遊びの中で子どもは、大人との信頼関係を深めたり、仲間と遊ぶ楽しさを知ったり(人間関係)、感動を身体で現したり(表現)、コミュニケーションを楽しんだり(言葉)、からだをいっぱい動かしたり(健康)します。授業では、 保育の実際に基づき、保育者として、確かな子どもの育ちを支える方法や見る目を養います。

 

「カウンセリングの基礎と方法」

カウンセリングの基礎と方法は、実践力を豊かにするための必修科目です。障害児・者への理解・指導法に関する講義・演習などの専門科目をベースに、より望ましい支援者としての心構えや支援技法を学びます。関連する科目と合わせ「ピア・ヘルパー」(身近にいる仲間カウンセラー)の資格取得をめざしています。

 

「障害教育論」

障害のある子どもは、「できない子ども」ではなく、「できない状況に置かれがちな子ども」です。保育の場における、発達障害(LD、ADHD、自閉症等)、知的障害のある子どもや「気になる」子どもの本音の思いに寄り添い、その子どもたちを支える保育や教育の実際的な在り方について考えます。

 

「障害児の生活」

障害のある子どもにとって必要な支援を、主に日常生活の具体的場面で考えていきます。実習やボランティアでの体験などを通して、実際の支援の方法について調べ発表します。

 

「障害児保育Ⅰ・Ⅱ」

受けもちのクラスに障害のある子どもが在籍していたら、どう支援しますか? その子どもも含めてどの子どももうれしく・楽しく・満足の毎日にする必要があります。この授業では、障害児保育・教育・福祉の制度も学びながら、実際の保育現場を想定した支援の実際について考えます。

 

childtro_img2015_004 childtro_img2015_005
childtro_img2015_006 childtro_img2015_007

 

資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる