短期大学

専攻科(特別支援教育専攻) 授業内容

前期時間割

Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1時限
9:20-10:50
キャリア
ガイダンス
病弱教育
知的障害教育Ⅰ
障害教育方法史
2時限
11:00-12:30
障害者の人権
と社会参加
統合保育
研究Ⅱ
肢体不自由
教育
3時限
13:20-14:50
総合保育
研究Ⅰ
社会福祉論 知的障害の心理・
生理・病理
学習障害・
重複障害等教育総論
4時限
15:00-16:30
総合保育
研究Ⅲ
障害教育課
程論
肢体不自由の子どもの
心理・生理・病理
病弱の子どもの心理・
生理・病理
5時限
16:40-18:10
特別支援教育実習
事前事後指導

 

後期時間割

Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1時限
9:20-10:50
キャリア
ガイダンス
障害教育
指導法研究Ⅰ
知的障害教育Ⅱ
言語障害教育総論
2時限
11:00-12:30
発達障害と
自閉症
障害論 視覚・聴覚障害教育総論
言語障害教育総論
3時限
13:20-14:50
幼児の生理
と健康
統合保育論 特別支援教育
原論
4時限
15:00-16:30
障害教育
指導法研究Ⅱ
特別支援教育実習
事前事後指導
5時限
16:40-18:10
児童相談
事例研究

※時間割等は入学年度により異なります。

 

実習科目

科目名 期間 実習先
特別支援学校実習 2週間 特別支援学校

 

専攻科 特別支援教育専攻での学び

余裕ある時間割、特別支援教育に焦点を当てたカリキュラム

専攻科のカリキュラムは、特別支援学校教諭二種免許(知的障害・肢体不自由・病弱)取得に必要な科目(16単位)を軸に、障害教育関連科目を中心に構成されています。

修了に必要な単位数は33単位。「キャリアガイダンス」と「修了研究」以外は全て選択です。余裕のある時間割なので、特別支援学校等の現場との関わりもたくさんできます。理論と実践を結びつけた学修で、確かな実践力を養います。専攻科の修了者の中には、特別支援学校の教諭として活躍している人も多くいます。

 

特別支援学校実習

特別支援学校教諭二種免許を取得する場合に必要になります。免許取得は必ずしも専攻科修了要件ではありません。

期間 2週間
実習先 特別支援学校

 

学習障害・重複障害等教育総論

学習障害・重複障害等教育総論では、学習障害、ADHD、自閉症、情緒障害や重複障害についての基本的な理解を図り、望ましい教育的支援の方法について学びます。

講義だけでなく、実習経験などをふまえ発表・協議も取り入れて、できるだけ具体的な事例を多くして理解を深めるようにしています。講義は重要なポイントを映像で示しながら行います。学習障害や、ADHD、自閉症の子どもたちの見え方や感じ方の疑似体験を取り入れて、困難さを実感できるように工夫しています。

映像を使った授業は、楽しく分かりやすいと好評です。

 

障害教育指導法研究Ⅰ

専攻科(特別支援教育専攻) 写真

すべり台の写真を見てください。高さが3.6メートルで幅は4メートル以上もあるのです。こんなすべり台があったら、子どもたちは楽しいです! ドキドキ、ワクワクします!

障害があるなしにかかわりなく、子どもたちはめいっぱい遊ぶことを通して、成長していくのです。

この授業では本学の「学園祭」に向けてすべり台を作り、たくさんの子どもたちを招待して、みなさんと一緒に遊びます。

このように、実際の遊び場を作り、子どもたちと遊ぶことを通して、知的障害教育で取り上げられることの多い「遊びの指導」での支援のあり方を体験的に学ぶとても楽しい授業です。

 

実践的に学ぶ専門科目

専門基礎科目 キャリアガイダンス[必修]
専門科目 特別支援教育原論 障害教育方法史 障害者の人権と社会参加 社会福祉論 統合保育論 知的障害の子どもの心理・生理・病理 肢体不自由の子どもの心理・生理・病理 病弱の子どもの心理・生理・病理 幼児の生理と健康 発達障害と自閉症 児童相談事例研究 障害論 障害教育課程論 障害教育指導法研究Ⅰ 障害教育指導法研究Ⅱ 知的障害教育Ⅰ 知的障害教育Ⅱ 肢体不自由教育 病弱教育 視覚・聴覚障害教育総論 学習障害・重複障害等教育総論 言語障害教育総論 統合保育研究Ⅰ 統合保育研究Ⅱ 統合保育研究Ⅲ 特別支援教育実習 特別支援教育実習事前事後指導 修了研究[必修]

必修科目5単位+選択科目44単位のうち28単位 合計33単位が修了に必要

 

専門性が身につく充実したプログラム

「特別支援教育原論」

「特別支援教育」について、その意義と目的、法制度や体制、特別支援学校・学級の実際について、広く学びます。特別支援教育の概要を学ぶためには欠かせない授業です。

「障害論」

障害の見方・考え方(障害観・概念)は変化しています。この講義では、歴史的変遷を追いながら、障害観や概念の変化等に加え、最新の概念について学びます。

「発達障害と自閉症」

近年、自閉症スペクトラムが注目されています。最新の知見を紹介しながら、支援について具体的に考えます。

 

資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる