植草で叶える

わたしの将来の夢

楽しく役立つ介護を学べる最高の環境です

一番楽しい時間は、友だちと会話をしている時です。同級生には同世代の人はもちろん、社会経験を積まれてから入学された方もいるので、いろいろとためになる話が聞けます。特に福祉関係の仕事をされていた方の話は勉強になることが多いですね。みんな仲がよく、一緒に食事に行くこともあります。

授業では、教科書に載っていることだけでなく、それぞれの先生が介護や医療などの現場で経験したことを、たくさん教えていただけるので役立ちますし、聞いていて楽しいです。また、先生と学生の距離が近く気軽に質問をし話しができるので、とても学びやすい環境だと思います。

佐藤匠(2年)

千葉県立東金高等学校出身

将来の夢は?
介護福祉士
将来の夢のきっかけは?
中学1年生の時、いろいろな職業の方から、話を聞く機会があり、その中に介護福祉士の方もいて、介護に興味をもったのがきっかけです。
だんだん介護の仕事のことを知るにつれて、介護福祉士になりたいと強く思うようになりました。

将来の夢はいつ頃決めた?
中学1年生の時に興味をもち、高校に入り、将来について真剣に考えていた時に、介護福祉士になろうと決めました。
植草学園へ入学して、楽しかった実習は?
この大学の良いところは、障害についてもたくさん学べることだと思います。
高齢者施設と障害者施設の違いを、実習でも体験することができるので、そこで知識も得ることができるし、たくさんの方と関われるという面ですごく楽しかったです。

植草学園の施設内で、一番好きな場所は?
「体育館」
女子バレーボール部のコーチをしていて、大好きなバレーボールができる場所だから。みんなで汗を流しながら青春できるためです。

わたしが通っているのは

植草学園短期大学

福祉学科
地域介護福祉専攻

資料請求

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる