本学教員からのメッセージ

各分野のエキスパートがそろう本学の教員を紹介します!

インクルーシブな(つつみこむ)保育・教育について一緒に考えましょう!

短期大学
福祉学科 児童障害福祉専攻
教授
佐藤 愼二

好きなことや、熱中していることを教えてください

子どもと楽しめる日用品を使った簡単マジックや、簡単にできる仲良くなれる集団エクササイズにとても関心があります。「簡単」がとても大事なキーワードです。誰にでもできて、子どもにもネタバレギリギリのわくわく感があることが大事です。大学の授業にもたくさん取り入れています。授業の中で楽しく学びながら、保育者・教育者になった後も、生かすことができる!一石二鳥をめざしています。

先生はどのような研究をしていますか?

「気になる」子どもや(発達)障害のある子どもの支援・保護者支援です。保育者・教育者をめざすみなさんが決して避けて通ることのできない大切なテーマです。文部科学省の調査では、みなさんが通っていた小学校・中学校の通常学級の子どもたちの6.5%が発達障害を疑われると報告しています。当然、保育所・幼稚園にも在籍しています。「発達障害」って何ですか?「知的障害」とは違います。ぜひ、スマホ等で調べてみてください。

学生時代の夢を教えてください

障害のある子どもの支援にかかわる仕事に就きたいと思っていました。特別支援学校(当時は養護学校)か障害者施設で働くことが夢でした。特別支援学校に何とか就職できて、その後、小学校で「発達障害」の子どもたちと出会い…そして、現在は本学で働きながら、障害のある子どもたちも支援できる保育者・教育者をめざす学生のみなさんの応援をしています。その意味では、学生時代の夢が実現したと言えます。

植草学園を志望している高校生・受験生へ

保育・教育の基本に加えて、「(発達)障害」を学ぶことができるのは日本では本学だけです。(障害のある)子どもを引きつける楽しいマジックやエクササイズを身につけながら、充実の学生生活を本学で過ごしてください!

資料請求