トピックス

大学 発達教育学部 田所ゼミの特別支援学校現場体験

トピックス大学 発達教育学部

千葉大学教育学部附属特別支援学校「公開研究会」に参加

田所ゼミ3年生は、平成29年2月17日(金)、千葉大学教育学部附属特別支援学校公開研究会に参加しました。田所ゼミの参加は2年連続になります。小学部の遊び、高等部の作業学習を中心に参観しました。体育館に設置された大規模な小学部の遊び場、遊具の種類や工夫、子どもたちが実際に遊んでいる様子、作業学習での生徒の働く姿、木工班の補助具、各種製品の完成度の高さ、先生方の指導・支援の様子などを学ぶことができました。ゼミ生にとって、現場での実践を学ぶ貴重な一日となりました。ありがとうございました。販売されていた農耕班のポップコーンはとてもおいしかったです。

 

《校門前で》

《遊び場の遊具の一部》

《体育館に設置された遊び場》

千葉県立特別支援学校市川大野高等学園で生徒との「交流会」に参加

4年ゼミ生4名は、平成29年2月27日(月)千葉県立特別支援学校市川大野高等学園の2年生との交流会に参加しました。まず、学校内の施設設備の参観や教育課程などを指導していただき、その後、高等学園2年生の「総合的な学習の時間」において、卒業後の進路や将来の夢などについて互いに語り合いました。4名は、それぞれ、園芸技術科、工業技術科、生活デザイン科、流通サービス科ごとに分かれての交流でした。交流会後は、ホームルームにも参加させていただきました。小学校や特別支援学校の教員をめざすゼミ生にとって、現場の高校生と話し合うことができ、とてもよい学びとなりました。
ゼミ生が、「どんな先生に担任になってほしいですか?」という質問に対して、高等学園の生徒のみなさんから「優しくて、思い遣りのある先生」「明るい先生、スポーツのできる先生」「生徒の話を良く聞いてくれ、励ましてくれる先生」「ダメなものはダメと言ってくれる先生」「生徒により添ってくれる先生」などの答えが返ってきました。教職をめざすゼミ生たちにとって、将来の教師像の示唆をいただくことのできた良い一日となりました。このような機会を与えていただいた市川大野高等学園の先生方、生徒のみなさんに御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

《校門前で記念撮影》

学生の感想

 

市川大野高等学園の生徒さんとの交流はとても楽しかったです。特別支援学校でも、高校生の悩みや興味のあることは私たちと同じだと感じました。また、生徒さんたちがとても元気で、私もパワーをもらうことができました。貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

発達教育学部 4年 武江 綾乃

 

市川大野高等学園の高校生のみなさんに自分自身の学生生活や将来の夢などを話す機会をいただきました。どのように話せば分かってもらえるか、心配しましたが、良く聞いていだたいてうれしかったです。人前でのスピーチの大切さも学ぶことができました。高校生から質問を受けたり、私から質問をしたりの交流会でした。初めて会った生徒さんたちでしたが、みなさんのお話を沢山伺うことができとても楽しかったです。とてもよい経験になりました。ありがとうございました。

発達教育学部 4年 宍戸 麻奈美

 

資料請求はこちら
ページの先頭へ