トピックス

植草学園大学女子バレーボール部 関東大学女子バレーボール秋季5部リーグ準優勝

トピックス大学 発達教育学部

5部Bグループリーグ戦

9/24@植草学園大;植草学園大 2-0 聖心女子大、植草学園大 2-0 明星大
10/1@学習院大;植草学園大 2-0 獨協大
10/8@平賀小;植草学園大 2-0 学習院大、植草学園大 2-0 埼玉大
結果:Bグループ1位

 

5部順位決定戦

10/15@学習院大;植草学園大 1-2 明治学院大
結果:5部2位(全12チーム)

 
今大会はグループリーグ戦では全勝で1位通過でしたが、優勝をかけた順位決定戦ではフルセットの末、一歩及ばず惜敗し、5部準優勝という結果になりました。7位であった春季から優勝をめざしてしっかりと対策をして取り組んだ成果が出て、十分に胸を張れる結果であると思います。
今大会で創部から支えてくれた4年生が引退となります。彼女たちは創部の際に自分たちが引退するまでに4部までに昇格するという約束をしてくれて、それを実際に果たしてくれました。スポーツ推薦の選手も専門的な指導者もいないという環境の中で、3年間で9部からここまで昇格したチームはこれまでにはなく、驚異的なことだと思います。また、今回負けた時には選手およびスタッフも悔し涙を流していましたが、これも遊びでなく本気で取り組める部にするということが成し遂げられた結果であり、本当に良い部にしてくれたと思っています。まだ短期間ですが、彼女たちが作ってくれた伝統をこれからも継続し、さらに部を発展させていきたいと思います。
今大会でも保護者のみなさま、本学学生、バレー部OGおよび先生方、そして主将の赤鳥が指導している印旛ヴィクトリーよりたくさんのご声援およびご支援をいただき感謝しております。今後も応援のほどよろしくお願い致します。

植草学園大学女子バレーボール部 
部長 遠藤隆志(発達教育学部准教授)

 
私は、小学生からバレーボールを始め、高校での春高バレー大会出場で終止符を打ったつもりでした。しかし大学でもやり尽くしたい!そんな思いからチームのキャプテンとして練習メニューを考え、それぞれ選手の想いを汲み取り、お互いが切磋琢磨し、全員がひとつになって戦うことの素晴らしさを知ることが出来ました。それも、周りで支えてくださった方々のおかげだと思っています。在学中に9部から4部リーグにまで上げられたことを誇りに思い、常に感謝の気持ちを忘れず、今までのバレー生活で学んだ事を社会でも活かしていきたいと思います。私たち4年生は今大会で引退になりますが、これまでたくさんの応援をいただき、本当にありがとうございました。

植草学園大学 女子バレーボール部 
主将 赤鳥奈々(発達教育学部4年)

 

大会の全日程を終えて(OGとともに)


今大会で引退する選手たち

資料請求はこちら
ページの先頭へ