短大 児童障害福祉専攻

短大 福祉学科 児童障害福祉専攻 1年生 初めての実習(植草学園大学附属弁天幼稚園・美浜幼稚園の観察参加実習)に行ってきました

児童1年生が、初めて子どもたちと一緒に一日を過ごしました。はじめは緊張している様子でしたが、子どもたちの笑顔や元気な姿に後押しされて、次第に積極的に取り組むことができました。先生方の子どもたちへの対応も印象深かったようです。あいにくの大雨で一日室内でしたが、その分子どもたちとの距離が縮まったようでした。これからの実習がますます楽しみになりました。まもなく、行事実習が始まります。

 

topics_20150803_01 topics_20150803_02
topics_20150803_03 topics_20150803_04

 

今回の実習に参加して、保育に携わるにあたり大切なことを学びました。子どもの好きなこと、クラスではやっていること、天気、周りの環境など状況に応じた気配や接し方考えることができました。さらに、自分の行動や言動が与える子どもへの影響の大きさを知り、とても驚きました。実際に現場を体験したことで、保育者になる者としての自覚を得て、保育者への第一歩を踏み出せたと感じています。

児童障害福祉専攻1年 小川 佳那

 

topics_20150803_05 topics_20150803_06
topics_20150803_07 topics_20150803_08

 

附属美浜幼稚園に参観に行きました。初めに感じたことは、各保育室、廊下がとても清潔に保たれていたことです。なぜそうなっているのか先生方の動きをみてわかりました。一つひとつの作業の後に細かいゴミをすぐに回収して、常にきれいな環境を子どもたちに提供していました。また、子どもたちと接する先生方は、本当に背中にも目があるように思いました。

児童障害福祉専攻1年 遠藤 みゆき

|2015年8月3日|カテゴリー:短大 児童障害福祉専攻|植草学園入試広報室|