トピックス

短大 福祉学科 児童障害福祉専攻 松原ゼミ 劇「北風と太陽」を公演しました!!

短大 児童障害福祉専攻

松原ゼミでは、活動の集大成として毎年劇を公演しています。今年は「北風と太陽」を植草学園大学附属弁天こども園や子育て支援・教育実践センター「こいっく・おぐ」・千葉市子育て支援センター「子育てひろば・ちどり」において3回公演しました。多くの子どもたちや保護者の方々に楽しんでいただき、笑顔溢れるひと時になりました。子どもたちのさまざまな反応に発達の違いを肌で感じ、個々の表現力が大いに磨かれました。仲間と創り上げる喜びや達成感を味わい、保育者の道へ羽ばたいていきます。

福祉学科 児童障害福祉専攻 准教授
松原敬子

参加学生の感想

私は音響係を担当し、劇のさまざまな場面にあった音楽をつくりました。本番では、子どもたちが物語の世界に夢中になり、北風と太陽のセリフや動きを真似する姿が見られました。音楽をつけた場面では、北風と太陽の動きに合わせるよう意識し、子どもたちがより一層劇を楽しめるようにとの思いで演奏しました。劇の最後に歌った「あわてんぼうのサンタクロース」では、子どもたちはもちろん、保護者の方や学生たちも一体となって歌声が響いたことに感動しました。この劇公演を通して、ゼミ生全員で劇を創り上げることの楽しさや達成感を味わうことができました。

福祉学科 児童障害福祉専攻 2年
坂本実紅

 

私は、北風役を演じました。子どもたちが北風のお面にびっくりして怖がってしまうのかと予想していたのですが、泣く子どもはほとんどいなく、真剣に見ている子どもや知っているお姉さんだと嬉しそうにしている子どもたちがいました。また、「北風と太陽は人間なんじゃない」という子どももいて、さまざまな反応を見ることができました。保育者となる私たちにとって、とても貴重な体験となりました。これから保育の現場で生かしていきます。

福祉学科 児童障害福祉専攻 2年
森田采音

 

子育て支援・教育実践センター「こいっく・おぐ」

 

植草学園大学附属弁天こども園

 

千葉市子育て支援センター「子育てひろば・ちどり」

資料請求はこちら
ページの先頭へ