トピックス

短大 福祉学科 児童障害福祉専攻 松原ゼミ 劇「アンパンマンとクリスマス」を公演しました!!

短大 児童障害福祉専攻

松原ゼミでは、活動の集大成として毎年劇を公演しています。今年は「アンパンマンとクリスマス」を附属弁天こども園や子育て支援・教育実践センター「こいっく・おぐ」・千葉市子育て支援センター「子育てひろば・ちどり」おいて3回公演しました。多くの子どもたちや保護者の方々に楽しんでいただき、笑顔溢れるひと時になりました。子どもたちのさまざまな反応に発達の違いを実感し、個々の表現力が磨かれていきました。仲間と創り上げる喜びや達成感を味わい、さらに保育者の道へと前進しています。

福祉学科 児童障害福祉専攻 准教授
松原敬子

 

参加学生の感想

私は、ジャムおじさんとピアノを担当しました。劇を考えていく上で、子どもたちを引き込めるにはどのようなストーリーがいいのか、また子どもたちと一緒に楽しめるにはどのような工夫が必要なのかなどを考えながら準備を進めました。本番を3回行い、臨機応変に動くことの大変さや雰囲気作りの大切さ、子どもたちと共に自分自身も心から楽しむことなどたくさんのことを学ぶことができました。保育現場に、しっかりと生かしていきます。

福祉学科 児童障害福祉専攻2
小坂ゆま

 

「アンパンマンとクリスマス」の劇で、私は「一生懸命準備をすることの大切さ」を改めて学びました。劇の中に出てくる立体的なケーキを一生懸命作ったり、歌の練習をしたりしました。ケーキを見て「わぁ!!」と歓声をあげて喜んでいただき、「歌声がきれいだった。」と多くの人たちの笑顔を見ることができて、とても嬉しかったです。今後も今回の劇のように、一人でも多くの人たちの笑顔を引き出すことができるよう、努力していきます。

福祉学科 児童障害福祉専攻2
山﨑あづみ

 

附属弁天こども園
子育て支援・教育実践センター「こいっく・おぐ」
千葉市子育て支援センター「子育てひろば・ちどり」

植草学園SNS公式アカウント

資料請求はこちら
ページの先頭へ