トピックス

大学 発達教育学部 「子どもを大切にする」ということ

大学 発達教育学部

浦安市にある、ふたば保育園(社会福祉法人芳雄会)の保育指導に行ってきました。
宮崎玲子園長先生の「子どもを大切にする保育」は、丁寧で子どもだましではない環境の徹底です。おもちゃや保育室の設定だけでなく、もちろん人的な環境も含まれます。
この園の保育をちょっとだけご紹介します。

 

topics_20140107_01

手作りエプロン。お店に並んでいても
おかしくないくらいです。

この写真は、子どもたちが「ごっこ遊び」で身につけるエプロンです。質の高い生地をきちんとした縫製で仕上げてあり、子どもが自分で着脱しやすいだけでなく、だらしなくなりがちな手作り布製品の短所をうまく克服できるデザインです。「子どもにこそ質の高い物を」という園長先生のお考えが一貫して保育に流れています。これを身に着けて「ごっこ遊び」をする子どもたちは、大事にされていることを無意識のうちに胸に刻んでいることでしょう。

 

topics_20140107_02

事務局長さん手作りの棒さし

 

topics_20140107_03

園長先生の私物のお話手袋です。きれいな巾着に大切におさまっています。子どもたちの前で出す時にも丁寧に。こんなところにも「子どもを大切にする保育」を感じることができます。

発達教育学部 講師 小川 晶

 

資料請求はこちら
ページの先頭へ