トピックス

地域別・縦割りで実習報告会を実施しました

大学 発達教育学部

12月20日(土)に、幼保課程の2~4年次生が集い、実習報告会を行いました。この会では、地域を軸とした縦割りのグループを作り、実習に関するさまざまな情報交流を行います。
1月に初めての保育所実習に臨む2年生は、「(先輩の)実習でのねらいは?」「記録の書き方のポイントは?」「エプロンは何枚必要か?」「ピアノはどのくらい弾くのか?」など自分が気になっていることをいくつも先輩に質問をしていました。また、それに応じる3・4年生は、後輩からの質問を受けて、言葉を選びつつも丁寧に自分の実習経験を伝えていました。

 

<会を終えて(学生の感想)>

【2年生より】
  • 事前に準備をすることの重要さを改めて感じました。先輩方に教えていただいたことを実習していく中で大切にしていこうと思いました。不安が少し軽くなったことと、実習を一生懸命頑張って行こうと思いました。
  • 実習に身構えていたのですが、「大変だけど楽しい」という言葉をたくさん聞き、とても楽しみになりました。先輩方の貴重な体験談を聞けて本当にためになりました。実習を頑張りたいです。
 【3・4年生より】
  • 昨年のことを思い出し、2年生の不安な気持ちが本当によくわかり、伝えられることはすべて伝えました。また、同級生の実習の話を聞き、勉強になることもたくさんありました。
  • 今日の報告会で他の人の話を聞き、次の実習に向けての目標が明確になりよかったです。また、今後、自分が学ぶべき内容についても改めて振り返ることができました。

 

topics_20150107_01 topics_20150107_02

資料請求はこちら
ページの先頭へ