トピックス

大学 発達教育学部 東京都の特別支援学校「鹿本学園」で卒業生と4年生の東京教師養成塾生がお世話になっています。

大学 発達教育学部

この春、卒業生の新妻 さとみさんが、初めて東京都教育委員会の特別支援学校に採用され、都立鹿本学園に勤務しています。新妻さんは、福島県の出身で大学入学直前に東日本大震災で罹災しましたが、4年間、多くのボランティア活動も行い、4年次には、鹿本学園で自主実習生として学び、難関の採用試験を突破し、現在、小学部4年生の副担任として働いています。
また、植草学園大学は、平成27年度から東京都教育委員会と連携し、東京教師養成塾に大学4年生の杉本 奈々さんを塾生として送り、お世話になっています。毎週1回の特別教育実習では、新妻さんが勤務している鹿本学園でご指導をいただいています。杉本さんは、静岡県の出身です。
5月10日には、教師養成塾の公開ゼミナールが東京都教職員研修センターで実施され、植草学園大学の学生16名が参加しました。グループワークでは、塾生の杉本さんが、参加者のリーダーとして活躍していました。参加した学生からは、「塾生の方、他大学他学年の学生の方と話し合う機会があり、たくさんの意見や考えが飛び交い、考えを深めることができた」「新しい学びがあってとても良い経験だった、10月のゼミナールもぜひ参加したい」などの感想が寄せられました。
千葉県出身の学生も多い植草学園大学ですが、全国色々な地域から、本学を選んで入学する学生も増えています。先輩が勤務し、東京都教育委員会の教師養成塾への扉も開かれ、将来への道の新しい選択肢が広がっています。

発達教育学部  加藤 悦子

 

topics_20150601_01 この春卒業の新妻 さとみさん「忙しいけれど楽しく、充実しています。」
topics_20150601_02 肢体不自由教育部門と知的障害教育部門を併置する特別支援学校。平成26年4月開校。
学校の人気キャラクター:
鹿(しか)ちゃん、本(もと)ちゃん
topics_20150601_03

topics_20150601_05

車椅子に乗った姿勢で、自分で好きな絵本・雑誌を選ぶことができるように書架が設定された廊下!絵本の内容に合わせたパペットが展示されている図書室!
topics_20150601_04 週に1回は鹿本学園で実習。月に2回はセミナーで研修。この日は公開ゼミナールのグループワークのリーダーとして活躍中の杉本 奈々さん。

資料請求はこちら
ページの先頭へ