トピックス

大学 発達教育学部 小学校で教育実習が行われています

大学 発達教育学部

小学校教育実習は、夢実現のための第一歩です。
慣れない環境で大変なこともあるのですが、徐々に子どもたちと心が通い合い、忘れられない思い出となっていきます。
植草学園大学では、この本実習に向けて、2年では近隣の小学校で参観実習を行います。
ボランティアなども実施して、本実習に備えていきます。
教育実習の終わった3名が感想を寄せてくれました。

発達教育学部 小学校教育専攻

 

topics_20160705_01

茨城県の小学校で先生方や児童たちの貴重な時間を頂いて教育実習をさせていただきました。学校行事が集中するなかでさまざまな経験をし、2学年を中心に授業や学級経営を実際にやらせていただき、多くのことを学ぶことができました。この4週間で得たものを生かし、将来素敵な教員になれるよう今後も努力していきたいと思います。

発達教育学部 3年 菅谷 弘華

 

topics_20160705_02

私は4週間の教育実習を終えて、教員という職に更に憧れを抱きました。子どもたちの私を呼ぶ声、子どもたちのキラキラとした笑顔、それを聞き、見るだけで疲れなどは吹っ飛びました。そんな素敵な体験を踏まえて今後教員となるために、教育実習で学んだことを忘れずに、残された大学生活に励んでいきたいと思います。4週間の教育実習は、私にとっての宝となりました。

発達教育学部 4年 海和 大治

 

topics_20160705_03

最初は初めての実習だったのでとても不安でした。しかし、先生方がとても優しくて不安はすぐなくなりました。そしてなにより、子どもたちの笑顔に救われました。
実習では、授業を考える大変さ、子どもとの関わり方、教師の仕事を学ぶことができました。初めて授業をやってみて、うまくいかないことばかりでしたが、子どもたちがたくさん発表してくれるようになった時はとても嬉しかったです。
教師はとても大変な仕事だと感じましたが、それ以上にやりがいのある仕事だと思いました。実習を経て教師になりたいという気持ちが強まりました。これからも頑張りたいと思います。

発達教育学部 3年 岡安 美鈴

資料請求はこちら
ページの先頭へ