トピックス

新版 教育学系のテキストを刊行しました

大学 発達教育学部

教育の営みは,親の子育てから始まり,保育や教育の機関へと続き,地域社会とのかかわりをもちながら,社会にでたのちも学び続ける生涯学習につながっています。

 

本書『教育の基礎と展開―豊かな保育・教育のつながりをめざして』髙野良子(本学教授)・武内清(上智大学名誉教授 敬愛大学教授)編著,学文社,2016年4月)は,この教育の営みのなかで,乳幼児期・児童期に焦点をあて,保育士,幼稚園教諭,小学校教諭,特別支援学校教諭をめざしている人々が,教育の基礎と展開を学べるように編纂したものです。

 

「人間形成と教育」から始まる各章は,さまざまに教育・保育を考える気づきを与えてくれることでしょう。章末には,読者に考えてほしい設問を用意しました。今日,すべての教育段階で求められているアクティブ・ラーニングを実践し,自分なりの答えを考え,周囲の人と議論し,問題の本質に迫ってくれることを願っています。

 

また,内容に関連したコラム(column)を適所に配置しています。テーマ(キャリア教育,「特別の教科 道徳」を進めるにあたって,子どもの貧困,ICTを活用した授業,子どもとメディア,インクルーシブ教育,他)は現代を読み解くキーワードと言えましょう。

 

このように,本書は,教育の本質や問題を理解すると同時に,教育と保育に関して,新たな学びの世界へと導く仕掛けに満ちています。

 

執筆者は,総勢20名となりましたが,本学関係では,白河優治千葉大学准教授(本学短期大学「教育原理」ご担当),遠藤隆志准教授,広瀬由紀准教授,實川慎子講師にご協力をいただきました。

 

topics_20160707_01

発達教育学部 教授 髙野良子

資料請求はこちら
ページの先頭へ