トピックス

大学 発達教育学部 専門ゼミナールでミュージカル鑑賞

大学 発達教育学部

植草学園大学では、3年生から専任教員の各研究室に所属し、少人数で担当教員の指導を受け、卒業研究にむけて準備をしていきます。高木研究室の専門ゼミナールⅠ(3年生対象)では、音楽と教育に対する知識を求め、主体的に学修・研究する技能と態度を身につけることを目標としています。
9月中旬に、ゼミの授業の一環としてミュージカル「ライオンキング」を鑑賞しました。上演回数が1万回を超える「ライオンキング」は、作品としての完成度も高く、子どもも楽しめる作品です。ミュージカルについて勉強するとともに、保育者として子どもにどのようにミュージカルを体験させたらよいのか、という課題を意識して鑑賞しました。今回は学割を利用して3階バルコニー席での鑑賞でしたが、演者と空間を共有する劇場での観劇は、DVD等では得られない迫力が感じられました。やっぱり「ライブ」はいいですね!
ゼミ生のみなさん、素晴らしいミュージカルの世界を堪能した後は、課題のレポート、頑張ってください。

発達教育学部 准教授 高木 夏奈子

 

topics_20161004_01

 

topics_20161004_02

 

学生の感想

私は初めて劇団四季を見に行きました。ライオンキングはディズニーアニメで見たことがあり、内容を知っているのであまり楽しめないかもと思っていました。しかし、出演者一人ひとりが役になりきり、迫力のある演技と音楽で物語に引き込まれました。父を亡くし国を追放されたシンバが、新しい仲間と出会い、様々な困難を乗り越えて国の王になる姿にとても感動しました。あっという間に時間が過ぎましたが、普段の講義では感じられない貴重な経験ができ、とてもいい思い出になりました。

発達教育学部 3年 折笠 捺美

 

私は「ライオンキング」を初めて見ましたが、音楽・音響・演出など迫力があり、とても面白かったです。実際に劇場で観劇してみると、鑑賞する上で気をつける点がいくつかあったように感じました。音をたてたり、身を乗り出したりすると周りの人の迷惑になってしまいます。また、劇場内が飲食禁止なのは、食べ物を持ち込むと匂いがしてしまうからだと思いました。子どもと観劇する際には、多くの人が楽しんで鑑賞できるよう、このようなマナーを教えてあげたいと思います。

発達教育学部 3年 庄司 裕宜子

資料請求はこちら
ページの先頭へ