トピックス

大学 発達教育学部 子ども・学生・高齢者の絵本作り

大学 発達教育学部

植草学園大学の授業「玩具・遊具演習」では、毎年、子ども(本学附属こども園)の絵本作りを学生がお手伝いしています。これまで行ってきた絵本作りから、学生と子どもたちの嬉々とした様子を見ることができました。絵本作りによって学生と子どもたちの深い交流が実現したと考えられます。また、学生自身が作る絵本は、自分自身の内面性に向き合う機会となっているようです。これらの絵本作りを通して、学生は子どもたちが何を思い、楽しみ、学ぶかを考えます。自分が子どもたちに伝えたいことを思いめぐらしている様子からは、熱心で真摯な姿が見られました。
今年度は、さらに千葉県生涯大学校東総学園で高齢者に向けた「手作り絵本」の講座を担当する機会を得ました。受講者のみなさんに学生と子どもの絵本作りを紹介しながら絵本作りを行いました。人生の先輩となる受講者の取り組み方、作品は味わい深くすばらしいものでした。
子ども・学生・高齢者の味わい豊かな作品と制作の様子を写真で紹介します。

発達教育学部 発達支援教育学科 教授
植草一世

 

学生と子どもの絵本作り

 

高齢者(生涯大学校)の写真作り

資料請求はこちら
ページの先頭へ