短大 地域介護福祉専攻

相談支援センターの子どもたちと触れ合いました!

短大地域介護福祉専攻1年生の授業紹介

短大地域介護福祉専攻1年生の「人間関係の形成とコミュニケーション」の授業で、1年の夏に体験する児童養護施設の実習に備え、植草学園大学相談支援センターで子どもたちと触れ合いました。

topics_20140530_01

topics_20140530_02

 

学生の感想

・最初は子どもたちに近づいてもすぐ違うところに行ってしまい、なかなか一緒に遊んでもらえませんでしたが、徐々に慣れてきてからは遊具を使い一緒に遊んでくれました。子どもたちはそれぞれ思うままに遊具を使いこなしていました。木製の遊具などはぬくもりが感じられ良かったです。

・子どもたちと向かいあうと、ぎこちなくなってしまう自分にとまどうやら、情けないやらでしたが、だんだんと子どもたちと遊ぶことができるようになりました。最初はお母さんにくっついて離れなかった男の子がだんだん遊び始めるのを見て、私も小さかった時は同じように人見知りだったなと思い出しました。

|2014年5月30日|カテゴリー:短大 地域介護福祉専攻|植草学園入試広報室|