大学

中野 聡子

氏名(ふりがな) 中野 聡子(なかの さとこ)
所属学部,職名,所属委員会 理学療法学科 助教
環境委員会、地域連携委員会、保健医療学部実習委員会 ほか
学位(分野) 学士(社会学)、修士(医科学)、博士(ヒューマン・ケア科学)

学生へのメッセージ

中野 聡子理学療法は運動機能が低下した、または運動機能の低下が予想される人々に対して運動機能や生活機能の回復・改善を図り、生活の質の向上を目指すものです。これらの対象者それぞれが主役であり、その人生を豊かにするための手伝いをするのが理学療法士の役割です。障害があっても、人生を豊かに過ごしている人は笑顔があふれています。患者さんの笑顔につながる仕事はとてもやりがいのあるものです。こんな素晴らしい仕事を私たちと一緒にしましょう。


 

現在の研究課題

  • 地域在住高齢者における介護予防
  • 小児生活習慣病と身体活動量との関連

 

主要著書・論文等

  • 中野聡子: 地域在住フレイル高齢者における運動の継続に関する研究. 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士論文. 2017
  • 中野聡子, 奥野純子, 深作貴子, 堀田和司, 藤田好彦, 若山修一, 藪下典子, 田中喜代次, 柳久子: 行動プランの有無および自己効力感が1年後の運動行動変容ステージに及ぼす影響. 日本プライマリ・ケア連合学会誌.2016; 39 (4): 227-233
  • 中野聡子, 奥野 純子, 深作 貴子, 堀田 和司, 藪下 典子, 根本 みゆき, 田中 喜代次, 柳 久子:介護予防教室参加者における運動の継続に関連する要因. 理学療法学. 2015; 42 (6) : 511–518.

大学
資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる