大学

山本 雅哉

氏名(ふりがな) 山本 雅哉(やまもと まさや)
所属学部,職名,所属委員会 保健医療学部 理学療法学科 教授
研究委員会、研究倫理委員会、動物実験委員会、遺伝子組換え実験安全委員会ほか
学位(分野) 博士(学術)、修士(医科学)

学生へのメッセージ

山本 雅哉生物は「共生」というプロセスを経て真核生物になり、真核生物が「共」に「生」きる多細胞化を経てヒトとなりました。多細胞生物と呼ばれる生き物はたくさんありますが、ヒトのみが社会的な「共生」というプロセスに挑んでいます。植草では「共生」を主要テーマとして様々な観点から学ぶことができます。人が健康でいられる仕組みも、体の中の様々な要素が助け合って初めてなし得る業でもあります。あなたもそんな生命の秘密を一緒に学んでみませんか?

 


現在の研究課題

  1. 再生医学:放射線障害の評価系と治癒・再生機構の確立
  2. 病態医科学:増殖因子による新規代謝調節系の解析
  3. 発生生物学:発生過程における形態変化の解析
  4. 細胞生物学:膜脂質による情報伝達経路の解析

 

主要著書・論文等

  • Saito T, Saito T, Sato Y, Ise K, Anazawa T, Oshibe I, Haga J, Yamamoto M, Waguri S, Gotoh M. Mitomycin C treatment significantly reduces central damage of islets in culture. Pancreas 2012;  41(2):245-52.
  • Miyamoto K, Iwadate M, Yanagisawa Y, Ito E, Imai J, Yamamoto M, Sawada N, Saito M, Suzuki S, Nakamura I, Ohki S, Saze Z, Kogure M, Gotoh M, Omicronbara K, Ohira H, Tasaki K, Abe M, Goshima N, Watanabe S, Waguri S, Takenoshita S. Cathepsin L is highly expressed in gastrointestinal stromal tumors.  Int J Oncol. 2011; Nov;39(5):1109-15.
  • Tanaka S, Sakamoto K, Yamamoto M, Mizuno A, Ono T, Waguri S, Kimura J. J Pharmacol Sci. Mechanism of statin-induced contractile dysfunction in rat cultured skeletal myofibers. 2010; 114(4):454-63.
  • Chen MZ, Zhu X, Sun HQ, Mao YS, Wei Y, Yamamoto M, Yin HL. Oxidative stress decreases phosphatidylinositol 4,5 bisphosphate level by deactivating PIP5Kbeta in a Syk dependent manner.  J Biol Chem. 2009; Aug 28;284(35):23743-53.
  • Ogawa Y, Kurosu H, Yamamoto M, Nandi A, Rosenblatt KP, Goetz R, Eliseenkova AV, Mohammadi M, Kuro-O M. betaKlotho is required for metabolic activity of fibroblast growth factor 21.  Proc Natl Acad Sci U S A. 2007; 104(18):7432-7,
  • Goetz R, Beenken A, Ibrahimi OA, Kalinina J, Olsen SK, Eliseenkova AV, Xu C, Neubert TA, Zhang F, Linhardt RJ, Yu X, White KE, Inagaki T, Kliewer SA, Yamamoto M, Kurosu H, Ogawa Y, Kuro-O M, Lanske B, Razzaque MS, Mohammadi M. Molecular insights into the klotho-dependent, endocrine mode of action of fibroblast growth factor 19 subfamily members. Mol Cell Biol. 2007; 27(9):3417-28

 

ReaD(研究開発支援総合ディレクトリ)へのリンク

ReaD(研究開発支援総合ディレクトリ)

大学
資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる