大学

沼田 憲治

氏名(ふりがな) 沼田 憲治(ぬまた けんじ)
所属学部,職名,所属委員会 理学療法学科 教授
学位(分野) 博士(医学) 修士(体育学) 工学士

学生へのメッセージ

医療はサイエンスとアートと言われます。サイエンスは科学的な専門知識・技術のことです。一方、アートとはヒトの心や多様性を理解し上手に対応することのできる能力です。しかし専門職はとかく知識・技術の学修に偏重し、アートを学ぶことを忘れがちになります。患者さんの心を理解することはリハビリテーションにとって重要な要素です。大学では専門科目以外の教養科目も大切に学ぶとともに、勉学以外にも有意義な学生生活を通して人間形成にも努めてください。


 

現在の研究課題

  • 大脳半球の機能的Lateralityと臨床症候の差異に関する研究
  • 拡散テンソル画像解析による麻痺回復の予後推定の研究
  • 認知神経科学手法による症候メカニズム研究

 

主要著書・論文等

  1. Referred sensations induced by a mirror box in healthy subjects. Psychological Research Published online 28. 2010.Jun Takasugi, Daisuke Matsuzawa, Takashi Murayama, Ken Nakazawa, Kenji Numata, Eiji Shimizu
  2. Ipsilateral cerebellar activation contributes to functional recovery after Constraint-Induced Movement Therapy; case report of alongtidinal fMRI study. J. Rehabilitation Neurosciences. 2010; Vol.10, pp31-pp40.Takashi Murayama, Kenji Numata, Masaru Oga, Takahiro Kawakami, Nobuo Oka, Jun Takasugi, Daisuke Matsuzawa, Eiji Shimizu
  3. Referred sensations induced by a mirror box in healthy subjects.Psychological Research; 2011: 4-60Jun Takasugi, Daisuke Matsuzawa, Takashi Murayama, Ken Nakazawa, Kenji Numata, Eiji
  4. Changes in the brain activation balance in motor-related areas after constraint-induced movement therapy; a longitudinal fMRI study.Brain Inj. 2011;25(11):1047-57. Murayama T, Numata K, Kawakami T, Tosaka T, Oga M, Oka N, Katano M, Takasugi J, Shimizu E
  5. Mirror observation of finger action enhances activity in anterior intraparietal sulcus: a functional magnetic resonance imaging study.J Jpn Phys Ther Assoc 16: 1-6, 2013. Kenji Numata, Takashi Murayama, Jun Takasugi, Masahiko Monma, Masaru Oga.

植草学園SNS公式アカウント

資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる