学位授与方針及び教育課程編成・実施方針

植草学園大学

【学位授与方針(ディプロマポリシー)】

  1. 徳育を教育の根幹とする建学の精神に基づき,豊かな情操と高い倫理観・道徳心を培い,人類の福祉の向上に貢献できる人材であること。
  2. 幅広い教養,高度な知識及び優れた技能を身につけ,共生社会の実現を目指し,時代や地域のニーズに応えることができる専門職業人であること。

【教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)】

幅広い教養を基礎に置き,専門分野に関する授業科目を,学部の特長を生かし,体系的・段階的に構成し,学位授与方針の示す人材養成方針の実現を図る。

 

 

発達教育学部・発達支援教育学科

【学位授与方針(ディプロマポリシー)】

発達教育学部では,徳育を教育の根幹とする建学の精神に基づき,子どもの教育・保育や発達支援に携わる人材を育成するため,以下に掲げる資質及び能力を身につけ,所定の単位を修得した学生に学位を授与する。

  1. 豊かな人間性に基づく道徳心と高い倫理観をもち、共生社会の形成のために貢献できる力
  2. 人間の成長・発達を身体・心理・言語・文化・社会など幅広い視点から理解できる力
  3. 小学校教育,特別支援教育,幼児教育,保育などの各分野で必要な専門性をもった対応ができる力
  4. 障害によるさまざまな困難を抱える子どもを理解し,適切な対応や支援ができる力
  5. 子どもに対して教育・保育や発達支援に関する取り組みを実践できる力
  6. 地域の人々や関係機関と連携し,地域社会に貢献することができる力
  7. 自分のキャリアを主体的に考え,形成できる力

【教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)】

学位授与の方針に基づき,以下の観点から教育課程を編成し,教育を実施する。

  1. 「人間と道徳」や大学生活全般を通じて、豊かな人間性に基づく道徳心と高い倫理観をもち、共生社会の形成に貢献できる人材を育成する。
  2. 人間の成長・発達について,身体・心理・言語・文化・社会などの広範な科目により,幅広い視点から理解できる力を育成する。
  3. 「小学校教育」,「特別支援教育」,「幼児・保育」,「子ども発達」の四つの専攻分野を設け,各分野で必要とされる専門的な知識・技能をもった人材を育成する。
  4. どの専攻分野においても,特別支援教育に関する科目を通じて,障害によるさまざまな困難を抱える子どもを理解し,支援できる力を育成する。
  5. 参観実習や教育実習・保育実習などの現場体験により,子どもに対して教育・保育や発達支援の関わりができる実践力を育成する。
  6. 実地演習などの科目を通して,教育や保育に関するボランティアなどに参加することにより,地域の人々や関係機関と連携し,地域社会に貢献できる力を育成する。
  7.  キャリア演習などの科目により,自分のキャリアを主体的に形成していく力を育成する。

 

保健医療学部・理学療法学科

【学位授与方針(ディプロマポリシー)】

保健医療学部では,徳育を教育の根幹とする建学の精神に基づき,保健医療に関する専門的・科学的な知識および実践能力を備えた地域社会に貢献できる医療専門職を育成するため,以下の資質および能力を身につけ所定の単位を修得した学生に学位を授与する。

  1. 人間や社会に対する理解や生命の尊厳について深く認識し,保健医療専門職にふさわしい高い倫理観を身につけている。
  2. 高齢化社会における多様なニーズに対応できる専門的知識と実践能力を身につけている。
  3. 広い視野を持ち保健・医療におけるチームの一員として正しい理解と適切な協働関係を発展させる能力を身につけている。
  4. 関連する諸機関や人々との連携を保ち地域社会に貢献する能力を身につけている。
  5. リハビリテーションの発展に寄与できる科学的態度を身につけている。
  6. 生涯にわたり医療専門職として成長できる能力を身につけている。

【教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)】

学位授与の方針に基づき,以下の観点から教育課程を編成し教育を実施する。

  1. 基本的人権を尊重し,保健・医療・福祉を受ける人の生活観や価値観を理解し,高い倫理観を身につけるよう学ぶ。
  2. 人間を取り巻く環境と健康,病気,障害へのメカニズムや回復過程を総合的に学び理解する。
  3. 理学療法士としての職業的アイデンティティを育成するために,早期実習を実施し,専門的学習を系統的に行う。また,臨床実践能力を養うために,評価学,治療学,生活支援の学理と実践を統合的に学習する。
  4. 臨床実践能力の評価としては,OSCEにより客観性を担保して行う。
  5. 保健医療活動の社会における意義や重要性を理解し,リハビリテーションの地域における役割を修得する。
  6. 保健・医療・福祉の専門職としての問題解決能力および生涯学習の資質を養い,卒業後も自己研鑽への能力を養う。
  7. 卒業研究により,理論的,研究的能力を養う。