本学教員からのメッセージ

各分野のエキスパートがそろう本学の教員を紹介します!

アットホームな植草学園の学⾵を愛してくださる⽅をお待ちしています。

植草学園大学/植草学園短期大学 髙木 夏奈子さん
大学
発達教育学部 発達支援教育学科
氏名
髙木 夏奈子

最近、気になっていることを教えてください。

日々高まりつつある自分の「老人力」。見間違え、思い違い、物忘れ。でも、いいこともあります!花粉症は発症した25歳時と比べ、格段に楽になりました。

好きなことや、熱中していることを教えてください

年に2回、電車やバスで一人旅をします。
日本一長い(高速を使わない)路線バスはどこだかご存知ですか? 奈良県の近鉄大和八木駅から和歌山県のJR新宮駅を結ぶ「八木新宮特急」は、途中休憩をはさみ6時間以上かかります。まだ一部区間しか乗車していないので、いつかは制覇したいと思っています。
一番の自慢は、まだ青函連絡船の時代に、青春18きっぷで、函館から西千葉まで1日乗り物に乗り続けて帰ってきたことです!

先生はどのような研究を専門としていますか?

音楽教育が専門です。特に、音楽における思考と言葉の関わりに関心があります。というと、難しそうに思うかもしれませんが、学習者の頭の状態(思考)に適した言葉がけをしないと、有効な支援・指導はできませんよね。授業をするときには、いつも、「この学生さん、何をどう考えているのかな?」と推測しながら言葉がけをしています。

先生の学生時代について教えてください。

ユースホステル同好会に所属している友人がいたので、長期休みには旅行に出かけることが多かったです。分厚い時刻表を片手にプランニングするのが実際の旅行よりも楽しかったりして。

高校生・学生にお勧めしたい本を教えてください。

面白くない本を読むのは苦行以外のなにものでもありません。とにかく、自分が「面白い!」と思える本をじゃんじゃん読みましょう。コミックエッセイでも漫画でもいい、というのが持論です。自分の好みを知り、お気に入りの作者の作品を芋づる式に読んでいってください。

ピアノを不安に思っている高校生へメッセージをお願いします。

現在は、私が小学生だった頃(昔すぎ?)に比べるとピアノを習う人口は減少しているようですね。全くピアノ学習の経験がなく入学する学生も一定程度います。しかし、大学の授業で、先生の指導に従い毎日練習すれば必ず上達します。練習時間を確保できるように相談にのったり、「疲れている日でも5分でいいから楽譜を開こう」と声がけしたりしています。自分の努力が「弾けた!」という成果に結びつくので、自己肯定感が高まります。弾けるようになると楽しいですよ!

休日はなにをして過ごしていますか?

朝寝に昼寝。夕食のおかずの作り置き。肩のこらないTV番組の視聴。図書館で借りた小説を読んでその世界に没入。

植草学園を志望している高校生・受験生へメッセージをお願いします。

植草学園はきょうだいで入学してくださる方が多いように感じています。小さな大学ですが、入学してみるとその良さが実感できるのだと思います。大学にはそれぞれ学風があります。オープンキャンパスで実際に自分の肌でその雰囲気を感じてください。学生と教員の距離が近く、アットホームな植草学園の学風を愛してくださる方をお待ちしています。

資料請求