本学教員からのメッセージ

各分野のエキスパートがそろう本学の教員を紹介します!

子どもたちを育てるために一緒に考えていきましょう!植草で待っています!!

植草学園大学/植草学園短期大学 堀 彰人さん
短期大学
福祉学科 児童障害福祉専攻
氏名
堀 彰人

最近、気になっていることを教えてください

卒業生たちが、近況を報告してくれたり、職場で出会った子どもたちのことを、相談してくれたりします。子どもたちのことを一緒に考えていると、仕事仲間になったようで嬉しい時間です。

好きなことや、熱中していることを教えてください

障害のある子どもたちの感じ方などについて疑似体験を交えた公演活動をする保護者の方々のキャラバン隊に加えていただいています(「トリック・オ・ホリック」というグループです)。学校の教職員、PTAの方々、子どもたち、地域の方々などに向けて公演をします。また、なかなか機会がもてませんが、小さなホールに室内楽を聴きに行き、休憩時間にワインを飲むことがひそかな楽しみです。

先生はどのような研究を専門としていますか?

本学に勤務するようになるまでは、主に「ことばの教室」での仕事に携わってきました。そこで出会ってきた、例えば吃音のある子どもたちへの支援、学級担任の先生や保護者の方々との連携の在り方などを考えています。

先生の学生時代について教えてください

大学時代、学部校舎の屋上に、動物の学習実験に協力してくれた5匹の犬たちが暮らしていました。卒業までずっと、その犬たちの世話をしに、夏休みも正月も大学に通っていました。

座右の銘を教えてください

「今は、そういう時なんです」…千葉県の教員は現場を離れて1年、じっくり研修できる長期研修という制度があります。この研修でお世話になった先生に相談すると、よくこの言葉をいただきました。今も折に触れて思い出します。その子の「今」を否定しないこと、変わっていくこと・成長していくことへの信頼…。自分が仕事で苦しい時にも、この言葉を思い出すと、「きっと状況は変わってくる」と思え、少し気持ちが楽になりました。

休日はなにをして過ごしていますか?

静かな音楽をかけながら、一人、ぼーっと過ごしたり、本を読んだりしています。

今いちばんやりたいことは何ですか?

休日に一人、ぼーっと静かに過ごすこと・・・

植草学園を志望している高校生・受験生へメッセージをお願いします

障害の有無だけではなく、多様な人々一人ひとりを包み込むインクルーシブな社会。そんな社会を担っていく子どもたちを育てるために、一緒に考えていきましょう!植草で待っています!!

資料請求