短期大学

佐藤 愼二

氏名(ふりがな) 佐藤 愼二(さとう しんじ)
所属学科,職名,所属委員会 福祉学科 児童障害福祉専攻,教授,専攻主任
キャリア支援委員長,入試・広報委員会ほか
学位(分野) 修士(教育学),学士(社会学)

学生へのメッセージ

佐藤 愼二 保育・教育現場で出会う「気になる子ども」・・・。この子どもたちは「困った子ども」なのではありません。何かに「困っている子ども」なのです。・・・このように「見方」をかえることで,「支援」をかえることが大切です。
ひっかけ手遊び・簡単マジック等の楽しい!保育・教育技術を身につけながら,どの子どもにもうれしく・楽しい保育・教育をともに勉強しましょう。


現在の研究課題

  • 「気になる」子ども,発達障害のある子ども及びその保護者への保育・教育現場での支援の実際
  • 知的障害特別支援学校・特別支援学級における授業づくりの実際
  • 子どもの集中力が高まる“ひっかけ手遊び・簡単マジック”

 

主要著書・論文等

<単著>

  • 「逆転の発想で 魔法のほめ方・叱り方-実践 通常学級ユニバーサルデザインⅢ-」:東洋館出版社:2017.3
  • 「いつでも・どこでも楽しめる-ひっかけ手遊び・簡単マジック-ミニネタ230選」:自費出版 :2017.3
  • 「実践 通常学級ユニバーサルデザインⅡ-授業づくりのポイントと保護者との連携-」:東洋館出版社:2015.3
  • 「いつでも・どこでも楽しめる-ひっかけ手遊び・簡単マジック-ミニネタ220選」:自費出版:2015.3
  • 「実践 通常学級ユニバーサルデザインⅠ-学級づくりのポイントと問題行動への対応-」:東洋館出版社:2014.3
  • 「特別支援学校・特別支援学級 担任ガイドブック-知的障害教育100の実践ポイント-」:東洋館出版社:2013.2
  • 「ママとパパと先生のための子育てハート・ホッと メッセージ50」:日本文化科学社:2012.1
  • 「通常学級の特別支援セカンドステージ-6つの提言と実践のアイディア50-」:日本文化科学社:2010.12
  • 「通常学級の特別支援─今日からできる!40の提案─」:日本文化科学社:2008.4

<編集>

  • 「『気になる』子ども  保護者にどう伝える?-幼稚園・保育所・小学校の先生必携-」
    (植草学園ブックス 特別支援シリーズ6)ジアース教育新社:2017.9
    http://www.kyoikushinsha.co.jp/book/0437/index.html
  • 「実践 生活単元学習-授業づくりのポイントとその展開-」:ケーアンドエイチ:2017.2(責任 編集)
  • 「今日からできる!通常学級ユニバーサルデザイン-授業づくりのポイントと実践的展開-
    (植草学園ブックス 特別支援シリーズ2):ジアース教育新社:2015.6
    http://www.kyoikushinsha.co.jp/book/0312/index.html
  • 「自閉児指導のすべて」:日本文化科学社:2011.6(責任編集)
  • 「すぐに役に立つ特別支援学校ハンドブック」:ケーアンドエイチ社
  • 「新学習指導要領対応 特別支援教育の実践ガイド1 “学級経営の実践ガイド・基礎から活用へ”」:明治図書2010.6(責任編集)
  • 「新学習指導要領対応 特別支援教育の実践ガイド3 “校内支援体制のアイデア しなやかな「チーム支援」の実践”」:明治図書2010.6(責任編集)
  • 「通常学級の授業ユニバーサルデザイン-“特別”ではない支援教育のために-」:日本文化科学社2010.2(責任編集)

<分担執筆>

  • 「特別支援教育 学級経営12か月 通常の学級」:東洋館出版社2013.3
  • 「特別支援の『子ども理解』 よさが生きる教育サポート」:ケーアンドエイチ2012.2
  • 「知的障害教育・基礎知識Q&A」:ケーアンドエイチ2007.2
  • 「特別支援教育のための支援の最適化-できる状況づくりQ&A」:ケーアンドエイチ2008.2
  • 「生活単元学習・作業学習の進め方Q&A」:ケーアンドエイチ2009.2
  • 「特別支援の『子ども理解』よさが生きる教育サポート」:ケーアンドエイチ2012.2

<論文>

  • 「全校で作成する「授業スタンダード」を目指して-子どもの声と教師の好事例に基づくユニバ ーサルな授業づくり」-:鈴木香・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第18号,2017.3
  • 「A県内知的障害特別支援学校におけるタブレット型端末等の機器についての実態調査」:荒木 美歩,植草学園短期大学紀要第17号,2017.3
  • 「かけ算学習における効果的な指導法-視覚化と動作化を取り入れたユニバーサルデザインの授業づくりを通して-」:宇野友美・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第17号,2016.4
  • 「A県特別支援学校高等部と高等学校の学校間の交流及び共同学習に関する研究調査」:赤間樹・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第17号,2016.4
  • 「よりよい人間関係づくりのための支援の在り方-自閉症・情緒障害特別支援学級の自立活動における個別的な指導と小集団活動を通して-」:貞野かおり・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第17号,2016.4
  • 「通常学級における平仮名の読みにつまずきのある児童への指導について-低学年を対象にしたアセスメントシートの作成と活用を通して-」:福永菜穂子・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第17号,2016.4
  • 「自閉的な傾向にある児童が進んでコミュニケーションをとる支援の在り方-「遊びを中心とした活動」を通して-」:齋藤浩司・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第16号,2015.4
  • 「通常の学級に在籍する読字・書字困難を抱える児童を包括する国語の授業づくり-ユニバーサルデザインの視点をふまえた授業の可能性と課題-」:榎本恵子・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第15号,2014.4
  • 「自閉症・情緒障害特別支援学級に在籍する対人関係に困難を抱える児童の支援-なかまと楽しくスキルを学ぶゲームを通して」:渡邊紀子・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第15号,2014.4
  • 「通常学級における授業ユニバーサルデザインの有用性に関する実証的検討-小学1年生「算数科」を通した授業改善を通して-」:柳橋知佳子・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第15号,2014.4
  • 「特別支援学級を取り巻く諸課題と今後の方向性」:生活中心教育研究第22号,2013.8
  • 「小学1年生における計算学習の現状と課題-1年生の算数指導に関わった経験のある教員への質問紙調査と小学1年生の実態調査を通して-」:宇野友美・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第14号,2013.3
  • 「「気になる児童」に関する幼稚園・保育所と小学校との連携の現状と課題-小学校特別支援教育コーディネーター及び小学校1学年担任への質問紙調査を通して-」:野上恵子・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第13号。2012.3
  • 「小学校における交流及び共同学習の現状と課題-A市の通常学級担任と特別支援学級担任への質問紙調査を通して-」:遠藤恵美子・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第13号,2012.3
  • 「知的障害特別支援学校におけるキャリア教育に関する意識調査-千葉県内の知的障害特別支援学校全学部主事への質問紙調査を通して-」: 磯野浩二・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第15号,2012.3
  • 「自閉症のある児童の人間関係形成の支援に関する基礎研究―A児を対象とした小集団学習プログラムの作成を通して―」:齋藤玲子・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第12号,2011.3
  • 「特別支援学級における交流及び共同学習に関する実態調査―交流及び共同学習の形態に焦点を当ててー」:星野謙一・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第12号,2011.3
  • 「保育所・幼稚園における「障害のある」子どもおよび「気になる」子どもの活動参加に関する調査研究(3)-「運動会」に向けた活動展開における保育所・幼稚園の傾向に着目して-」: 広瀬由紀・佐藤愼二・高倉誠一・植草一世・中坪晃一,植草学園短期大学紀要第11号,2010.3
  • 「知的障害特別支援学校 に在籍する児童の居住地 校交流に関する調査-児 童の保護者を対象に-」: 寺本一寿代・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第10号,2009.3
  • 「小学校特別支援学級の 体育学習に関する調査― 実践上の課題と今後の方 向性の明確化を目的として―」:鈴木啓子・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第10号,2009.3
  • 「特別支援学級に在籍する 児童・生徒の交流及び共同 学習に関する調査―特別支 援学級担任と通常学級担任を対象として-」:山本亜紀子・佐藤愼二植草学園短期大学紀要第9号,2008.3
  • 「通常学級に在籍する配 慮を要する子どもへの支 援と学級経営の在り方に 関する検討-周りの子ど もへの“説明や協力要請 ”に焦点をあてて-」:石川弘幸・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第9号,2008.3
  • 「自閉的傾向のある幼児 への支援と自閉症の障害 特性に関する一考察-保 育所の日常生活場面からの示唆-」:萩原加成美・佐藤愼二,植草学園短期大学紀要第8号,2007.4

資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる