学位授与方針及び教育課程編成・実施方針

植草学園短期大学

本学福祉学科は、地域介護福祉専攻と児童障害福祉専攻の1学科・2専攻からなる。加えて、専攻科に特別支援教育専攻と介護福祉専攻を設けている。

 

【学位授与方針(ディプロマポリシー)】

少子高齢化が進む時代状況の中で、地域介護福祉専攻では、高齢者・障害者支援にかかわる地域福祉の在り方、児童障害福祉専攻では、乳幼児等の保育・教育、中でも、特別な支援を必要とする乳幼児の支援の在り方に着目して、それぞれの充実を図る上での課題を発見し、それを考察します。研究と勉学を積み重ね、確かな成果を得て卒業を迎え地域介護福祉専攻学生には短期大学士(介護福祉学)、児童障害福祉専攻学生には短期大学士(幼児福祉学)の学位を授与します。

 

【教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)】

  1. 両専攻とも、1年次より専門科目を導入し、介護福祉、乳幼児福祉の基礎から学べるようにします。
  2. 資格取得では、地域介護福祉専攻においては、介護福祉士国家試験受験資格取得、児童障害福祉専攻においては、保育士資格・幼稚園教諭二種免許状取得を必修とする他、地域介護福祉専攻では、介護保険事務士資格・健康管理士一般指導員資格、児童障害福祉専攻では特別支援学校教諭二種免許状、両専攻共通では社会福祉主事任用資格、レクリエーション・インストラクター資格、ピアヘルパー資格など関連する資格・免許も取得できるように教育課程を編成します。
  3. 専門科目に、本学を特色づける高齢者や障害児・者と触れ合いのできる体験や実習を取り入れた科目を設定します。他の専門科目についても、より専門性を高められるよう科目設定・科目内容の充実を図ります。
  4. 2年次には、「卒業研究」を必修とし、学生各自が課題を設定し、研究・調査等を行い、論文等にまとめることにより2年間の学習の成果を確認します。