トピックス

HUG(避難所運営ゲーム)研修を実施しました

トピックス短大 地域介護福祉専攻

千葉県生涯大学校の学生と短大地域介護福祉専攻の学生との合同授業として、HUG研修を実施しました。
万が一、地震等の災害が生じ、自宅での生活が困難になった場合は、近くの小中学校などで避難所生活をすることが余儀なくされます。その場合、その場にいる人たちが協力をしながら、自主的に避難所を運営し生活をすることになります。
そのような有事への備えの1つとして、HUG(避難所運営ゲーム)があります。ゲームとはいえ、いろいろと提示される出来事や課題に対して、意見や知恵を出し合いながら対処をしていきます。
研修のまとめでは、講師の先生のアドバイスもいただき、有意義な時間を過ごすことができました。
 

参加した短大学生の感想

  • 生涯大学の方々と一緒にHUG研修をして、とてもためになりました。実際を想定していろいろな人の振り分けをするのはとても大変でとても難しかったです。災害はいつ起こるかわからないので、とても怖いですが、準備をしておくのはとても大切な事だと思いました。
  •  

  • HUG研修に参加して、災害時の避難所の働きの大変さがどれだけのものかを理解することができました。本当の災害時では、どのくらい大変なのかが想像するだけで怖いです。どんどん人が流れていく中で、どのように(人や動物などを)区画していくのかがすごく大変でした。重い病気をもった人、外国人の方、妊婦、たくさんの方が避難所に助けを求めに来る中で、そのような方々も支えていかなくてはいけないという重要性も感じることができました。

 

植草学園SNS公式アカウント

資料請求はこちら
ページの先頭へ