トピックス

千田准教授と館岡助教が学会発表

トピックス お知らせ大学 作業療法学専攻

令和2年9月25日~10月25日に開催された第54回日本作業療法学会で、作業療法学専攻の千田直人准教授と館岡周平助教が研究発表(ポスター発表)を行いました。本来は新潟市での開催予定でしたが、COVID-19の影響によりWEB学会となりました。
いずれの演題も作業療法の今日的課題に対する臨床研究です。
下記の演題名をクリックすると学会抄録が読めますので、是非ご一読ください。
千田准教授からはポスターも提供して頂きましたので、そちらもご覧ください。
館岡助教の発表内容は論文掲載が決定(アクセプト)していますので、雑誌掲載時に改めてお知らせ致します。

千田直人准教授の演題
小学校通常学級に在籍する発達障害児の感覚処理・行為機能の特徴
https://jaot.mas-sys.com/JOTC54_Abstract/pdf/endai100266.pdf

館岡周平助教の演題
在宅自立高齢者のインターネットを活用した健康支援のニーズ
https://jaot.mas-sys.com/JOTC54_Abstract/pdf/endai100152.pdf

第54回OT学会 千田ポスター(PDF形式:607KB)

 

資料請求はこちら
ページの先頭へ