大学

百田 貴洋

氏名(ふりがな) 百田 貴洋(ももた たかひろ)
所属学部,職名,所属委員会 リハビリテーション学,教授,地域連携推進委員会・避難所運営委員会,学部教務員会,実習運営委員会
学位(分野) 博士(医学),修士(教育学)

学生へのメッセージ

百田 貴洋作業療法の「作業」は,「work」ではなく「occupation」です。さまざまな意味がありますが,私は「生きること(意味)」そのものを表現する言葉だと考えます。
「生きる」とは簡単なことではありません。生老病死は生命の避けられない宿命です。
それでも,ひとは幸せに生きる力を持っていると信じています。その力が発揮できるようサポートするのが作業療法の役割です。
「人が生きる力を発揮しやすいようサポートするために,生きることそのものを手段とし,生きることに関わる。」そして,それが自分自身の生きる意味になる。
作業療法士は,そんなoccupationです。


現在の研究課題

  • 摂食嚥下リハビリテーションに関する研究
  • 運動と免疫・サイトカインに関する研究
  • 高齢者とコミュニティに」関する研究

 

主要著書・論文等

  • 百田貴洋.コミュニケーションスキルの磨き方(澤俊二,鈴木孝治 編).医歯薬出版2007;57-64,67-74
  • 百田貴洋.作業療法士イエローノート専門編(鷲田孝保 編).メジカルビュー社, 2007;258-272,283-286,302-305,
  • 百田貴洋.テクニカルエイド 生活の視点で役立つ選び方・使い方.作業療法ジャーナル.三輪書店, 2012.46(7).862-865,
  • 百田貴洋.作業療法評価のエッセンス.医歯薬出版, 2010.35-42
    “PT・OTのための臨床技能とOSCE(DVD付): コミュニケーションと介助・検査測定 編.(才藤栄一監修) 医歯薬出,2015
  • 百田貴洋,二神雅一,村井正臣.視覚刺激に対する反応時間と高齢者におけるバランス機能の関係.浜松リハビリテーション研究会学術誌 7, 19-23, 2012
  • 福本倫之,北野知地,坂東奈保子,百田貴洋,畑田早苗,福本華子,栗田修司:観念失行例に対する認知リハビリテーション―Errorless completion of the whole activitiesに配慮して―.土佐リハビリテーションジャーナル(6), 2007, 23-29
  • 北野知地,福本倫之,百田貴洋,坂東奈保子,畑田早苗.自己・他者への関心と気づきを高めるための手段の検討:ミラー式他己紹介の試み.土佐リハビリテーションジャーナル, (6) : 39-45, 2007.
  • 畑田早苗, 馬場園陽一, 北野知地, 板東奈保子, 福本倫之, 百田貴洋:医療系学生における職業的アイデンティティの達成状況とアイデンティティ・ステイタスとの関係土佐リハビリテーションジャーナル, (6) : 1-8, 2007.
  • 百田貴洋,千田直人,田中弘樹:地域における嚥下リハを考える.作業療法ジャーナル38(13),p1223-1226
  • 百田貴洋:生きる力を支える作業療法とは.作業療法ジャーナル42(1),p8-11
  • 百田貴洋:糖尿病と作業療法.作業療法ジャーナル44(12),p1229-1234
  • 百田貴洋:作業療法士の地域リハビリテーション教育.地域リハビリテーション6(9).p.663-666
  • 百田貴洋:糖尿病に向き合う作業療法の今と可能性 (特集 5疾病を作業療法士の視点から見直す) .臨床作業療法 11(5), p363-369.
  • 百田貴洋:がんリハファーストステップ.愛知県理学療法学会誌 27(1), 3-6

資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる