学園について

メッセージ

理事長メッセージ

インクルーシブを学び実践する学園

「誰をもやさしく包み込む共生社会を実現する」は、植草学園の中期計画(UGplan2018-2023)における学園ビジョン(将来像)です。今後、益々高齢化、多様化が進む社会にあって、人と人が互いを理解し、支え合える社会を創っていく必要があります。高齢者、障害児・者、子ども達、そして、外国人などの社会的弱者が、社会から置いて行かれるようなことがあってはいけません。誰もが豊かに共に歩んでいける、そんな共生社会の実現拠点となることを植草学園はめざしています。

植草学園が運営する大学、短期大学、高等学校、そして、こども園や保育園においても障害や困難性のある学生・生徒・園児が在籍しています。学園では障害や困難性のある学生・生徒・園児も共に育ち合えることを目標に掲げ、インクルーシブ教育・保育に取り組んで来ました。インクルーシブとは、包括的な、分けない、排除しないという意味であり、教育や保育の現場では、障害児・者や外国人子弟を特別な存在として扱うのではなく、共に学び合う存在と考え教育や保育を行います。植草学園では、学習や生活をする上での障害や困難性を理解した上で、合理的な配慮や支え合える環境づくりを行うことにより、インクルーシブ教育・保育を推進しています。

また、インクルーシブ教育・保育に触れることにより、学生・生徒は人に対するやさしさや共に成長する喜びを得ることができ、その経験が共生社会を支える担い手となる下地を育んでくれるものと期待しております。

近年、いじめや虐待の増加、外国人など特定の人々を排斥しようとする言動に憂えることが多くなりました。相手に対する思いやりや相手を尊重する姿勢から道徳性が高まり、より豊かな共生社会が形成されていきます。「徳育を教育の根幹とする」を建学の精神に掲げる植草学園にとって、改めて社会的な役割の大きさを感じます

植草学園大学 植草学園短期大学 学長メッセージ

多くの仲間や先生方との交流の中で、豊かな感性、徳性を養ってください。

本学では、我が国の重要な社会的課題である、乳幼児教育、特別支援教育、高齢者や支援を必要とする方々への地域介護を学ぶことができます。

人々がその存在を大切にされ、多様な人と共に生きる、それがいま注目されているインクルージョンという考えです。本学は、乳幼児から高齢者までの生涯発達におけるインクルージョンを担う人を育てます。その実践には、知識、技能はもちろん、感性や徳性など豊かな心の充実が求められます。本学では「徳育」を重視していますが、多くの仲間や先生方との交流の中で、さまざまな人が共に生きる社会の実現の基盤となる、思いやり、共感など豊かな感性、徳性を養っていただきたいと思います。

皆さんの教育・福祉への熱い希望や夢の実現を、経験豊富で熱意に満ちた先生方が支援します。期待してください。

中澤 潤
植草学園大学
植草学園短期大学
学長 中澤潤

植草学園SNS公式アカウント

資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる