トピックス

短大 福祉学科 児童障害福祉専攻 焼き芋大会

短大 児童障害福祉専攻

千葉市若葉区にある植草学園大学と植草学園短期大学は、緑豊かな環境にあり、敷地内にはゼミ生が開墾した畑がいくつかあります。それら畑では、野菜や芋や花等を育てています。10月には、それぞれの畑から沢山のさつま芋が収穫されました。
植草学園短期大学児童障害福祉専攻の1年生の授業「保育内容環境」で、附属園の子どもたちと焼き芋大会をしたいと学内で話したら、沢山の芋の提供がありました。11月19日月曜日に附属美浜幼稚園、附属弁天こども園の子どもたち65名が来てくれて学生たちと楽しいひとときを過ごしました。お芋を作った2年生も食べに来てくれました。お天気が心配されましたが、朝早くから有志の職員や学生たちがたき火をして、みんなの力で焼き芋を焼きおいしくいただきました。

 

参加学生の感想

私は、焼き芋大会に企画係として参加しました。事前準備として、焼きいもを焼くための炉や、薪の準備などを行いました。当日は、火に薪を入れたり、子どもたちのマシュマロ焼きの補助をしたり、焼き上がったお芋の配付をしました。子どもたちと関わることができ、とても良い経験になりました。

福祉学科 児童障害福祉専攻 1年生
沼上優

 

お芋が焼けるまで、子どもたちと追いかけっこをしたり、ビオトープでブランコをしたり、私たちが事前に作っておいた虫取り網や虫籠を使って虫を捕まえたりしていました。子どもたちのパワフルさに圧倒されました。おいしく焼けた焼き芋を食べながら子どもたちと楽しく過ごせた時間でした。

福祉学科 児童障害福祉専攻 1年生
天野佑香

植草学園SNS公式アカウント

資料請求はこちら
ページの先頭へ