トピックス

「千葉県インターンシップフォーラム」に参加しました

短大 児童障害福祉専攻短大 地域介護福祉専攻

2月25日(水)に千葉市生涯学習センターにて、「千葉県インターンシップフォーラム」が開催されました。当日は、学生によるインターンシップ事例発表とインターンシップ受け入れ側の2つの企業による事例発表があり、最後に大学と企業代表者によるシンポジウムが行われました。
フォーラム参加校は、敬愛大学・聖徳大学短期大学部・千葉商科大学・千葉科学大学、そして本学の5校でした。インターンシップの体験談もそれぞれに違っていて、皆さんパワーポイントを使って堂々と発表しておりました。当日の参加者は、企業の担当者・高校や大学の教職員・大学生等200名ほどでした。

topics_20150327_01 topics_20150327_02

 

「千葉県インターンシップフォーラムに参加して」

塚原 千叶

私は、「障がいのある方への支援を志す道のり」というテーマでパワーポイントを使って発表させていただきました。大勢の人の前で話す機会があまりなかったので不安もありましたが、自分の体験を伝えたいという気持ちをもって臨み、その結果達成感と共に自信をもつことができました。他大学の学生とも関わる機会が今までなかったのですが、様々な分野の話を聞いて初めて聞く言葉もあって、皆それぞれに価値があると感じました。
企業の方の話は「いかに、インターンシップ学生を受け入れるか」について考えてくださっていました。初めて受け入れ側の話を聞いて、もっと早くこの話を聞きたかったです。このような話を聞くことによって専門のことだけではなく、社会人として必要ないろいろな視点が持てるようになると思いました。
初めは、この話を受けて自分で務まるのか不安でしたが、いろいろな先生方のご協力をいただき、貴重な経験ができました。この経験は、この先自分への自信にも繋がったので、様々な場面に対応できるようもっと努力したいと思いました。

資料請求はこちら
ページの先頭へ