トピックス

短大 福祉学科 地域介護福祉専攻 「帰校日学修」

短大 地域介護福祉専攻

介護実習Ⅲを終えた地域介護福祉専攻2年生が、介護実習Ⅳの準備のために帰校しました。次の介護実習Ⅳでは、ひとりの利用者さんを選び、その方の心身状態・生活状況等の情報を集め、「個別介護計画」を立て、自分が立てた計画を実際に実施し評価するという課題があります。大学でおこなった事前学修では、グループメンバーで話し合い、計画を立て、実施し評価しましたが、Ⅳ段階実習では、すべて自分ひとりで取り組まなければなりません。今日はその準備を目的とした帰校日でしたが、学生たちの表情は多様なものでした。

「介護過程の展開、できるかなぁ?」と少し不安気な表情を見せる学生、「実習楽しいです」と笑顔で話してくれる学生、「ストレスがたまってま~す」と言って疲れた表情を見せる学生もいました。本音トークで学友と意見交換をし、先生方に背中を押されたことで、学生生活最後の実習に臨むためのエネルギー補充ができたようです。
みなさん、もうひと頑張りですよ。実習場所は違いますが、乗り越えなければならない壁は同じです。一緒に乗り越えましょう! 教員の我々もしっかりサポートしますから安心して下さい。後期には、自信あふれる素敵な笑顔を見せてくださいね。

 

資料請求はこちら
ページの先頭へ