大学

発達教育学部(発達支援教育学科)

小学校の教員をめざす「小学校教育専攻」、特別支援学校や特別支援学級の教員をめざす「特別支援教育専攻」、幼稚園の教員や保育士をめざす「幼児・保育専攻」。
3つの専攻から、将来の志望に合わせて、入学前に専攻を選びます。

将来の夢は児童一人ひとりのもっている秘めた力を見つけ出して、それを一緒に伸ばしていける先生になりたいと思っています。

発達支援教育学科/髙橋 真奈

髙橋 真奈(1年)
千葉県私立成田高等学校出身

大学でやってみたいことは?

今まで経験してこなかったことを、いろいろやってみたいと考えています。それと、同級生とお互いを深く分かり合えるようになったらいいなと思っています。そして、4年後にしっかり自分の目標が達成できるようがんばっていきたいです。

植草学園を志望した理由は?

高校生の時に障害児施設のボランティアを続けているうちに、特別支援教育への感心が深まり、特別支援教育について学ぶなら植草学園が最適だと考えて志望しました。

学びの特色

夢を実現するための3つの専攻。

「小学校教育」、「特別支援教育」、「幼児・保育」の3つの専攻があります。一人ひとりが思い描いていた夢を実現しやすいように、1年の最初からそれぞれの志望に合った専攻を選んで学びをスタートします。

すべての学生がインクルーシブ教育を学びます。

発達教育学部では、すべての学生がそれぞれの専攻の学修とともに、障害や困難性のある人に対する支援やインクルーシブ教育について学んでいきます。

植草学園の独自資格を取得できます。

定められた科目の単位数を取得し、成績が基準を満たした学生は、植草学園大学「インクルーシブ教育支援士」あるいは「インクルーシブ教育・保育支援士」という植草学園大学独自の認定資格を取得できます。

各専攻で取得できる免許・資格

小学校教育専攻
[主専攻で取得できる免許]
小学校教諭一種免許
[副専攻履修で取得可能となる免許]
小学校教諭一種免許+特別支援学校教諭一種免許
小学校教諭一種免許+幼稚園教諭一種免許

特別支援教育専攻
[主専攻で取得できる免許]
小学校教諭一種免許+特別支援学校教諭一種免許

幼児・保育専攻
[主専攻で取得できる免許]
幼稚園教諭一種免許+保育士資格
[副専攻履修で取得可能となる免許]
幼稚園教諭一種免許+小学校教諭一種免許
幼稚園教諭一種免許+特別支援学校教諭一種免許

※の組み合わせは副専攻履修基準を満たしている場合に取得可能となる組み合わせです。
※副専攻基準については、成績が学内基準以上を維持し、担任と十分に相談して希望する進路における免許・資格の意味と必要性をしっかりと理解していることが条件となります。
※時間割は主専攻が履修しやすいように編成されているため、副専攻履修に必要な科目が、時間割上登録できない場合が生ずることがあります。
※副専攻については、実習先の受け入れ状況によって、履修人数を制限する場合があります。

その他の取得可能な資格

  • 社会福祉主事任用資格※
  • 児童指導員任用資格※
  • レクリエーション・インストラクター資格※
  • ピアヘルパー資格**

※必要な科目を履修した場合に取得可能となる資格です。
※※必要な科目を履修し試験に合格した場合に取得可能となる資格です。

未来の職業

  • 小学校の先生
  • 特別支援学校の先生
  • 特別支援学級の先生
  • 保育士
  • 幼稚園の先生
  • 認定こども園の先生 など

 

[植草学園大学が認定する資格]

植草学園大学 発達教育学部は、障害や困難性のある人に対する特別支援に関する知識や能力を身につけ、インクルーシブ社会の実現に寄与できる人材を育成するという大きな特色をもっています。
専攻ごとに定められた科目の単位数を取得し、成績が学内基準以上を満たした場合に、次の資格を大学として認定します。

小学校教育専攻・特別支援教育専攻: 「植草学園大学インクルーシブ教育支援士」

幼児・保育専攻:          「植草学園大学インクルーシブ教育・保育支援士」

 

 

インタビュー 植草ってどう?

それぞれの子の能力を最大限に引き出しながら一緒に希望を叶えていける先生になりたい

■この大学でがんばろうと決意
特別支援学校の先生になりたいと考えて地元の国立大学を志望していたのですが、残念ながら合格できず、障害について専門的に学べるということを知って植草学園大学を進学先に選びました。入学してからは、学業で誰にも負けないようにしようと決意し、日々がんばっています。
障害について学びたいと考えたのは、双子の弟に知的障害があることがきっかけです。生まれてからずっと一緒に生活して、学校も中学までは同じでした。そこから障害児にはどんな支援ができるのか知りたいと思うようになりました。

■インクルーシブ教育論
一年生の時に受けた特別支援関係の授業科目は「インクルーシブ教育論」です。ひと口に障害といっても、そのあり方はそれぞれです。まず思いやりをもって子どもたちに接し、個々の子についてよく理解したうえで、その子に適した配慮や支援が必要です。そのことによって、その子がもっている能力を最大限に引き出す教育が可能になると学びました。

■子どもたちの希望を尊重したい
弟と一緒に生活してきた経験から、私は何よりも子どもたちの希望を尊重する特別支援学校の先生になりたいと考えています。子どもたちが希望することなら、どんな事でも始めから無理だとは決めつけず、どうしたらできるようになるか考えて、共に叶えていける先生になりたいです。

河須﨑 佑果(2年)
茨城県立鉾田第一高等学校出身

学科長からのメッセージ

共生社会の形成に貢献できる人を育成します。

発達教育学部・発達支援教育学科は、その名称が示すように、子どもの発達を支援することと子どもの教育について総合的に学ぶことができる学科です。本学科では、小学校教育、特別支援教育、幼児・保育という3つの専攻がありますが、どの専攻でも障害のある人への支援やインクルーシブ教育について、しっかり学びます。これらの学びを通して、障害やさまざまな困難を抱える子どもたちに、やさしく適切な支援を行える教員や保育士など、これからの共生社会の形成に貢献できる人材を育成します。

発達教育学部長 渡邉 章

植草学園SNS公式アカウント

資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる