保健医療学部(理学療法学科)

身体と心をケアする理学療法士をめざす。

 

どんな特徴があるの?

少人数による親身な指導、きれいで広々とした教室・実習室、医療現場での経験豊富な教授陣。理学療法を学ぶための最適な環境がここにあります。

 

どんな将来が待っている?

“身体だけでなく心の痛みにも寄り添うことのできる温かい理学療法士” として、病院をはじめ地域のさまざまな保健医療現場での活躍が期待されます。

heamedi_img2015_002
[この学科で取得できる資格]

理学療法士国家試験受験資格

必要な講義、演習、実習の単位を修得し、卒業が認められると理学療法士国家試験受験資格が与えられます。国家試験に合格すると、理学療法士の資格が得られます。

 

保健医療学部の教育理念と人材育成

heamedi_img003

理学療法学科で学ぶポイント

あらゆる世代の身体の障害に対応できる医療専門職をめざします

急速に高齢化の進む中、病気によりからだに重い障害が残る人の数は増加しており、身体障害のリハビリテーションを専門とする理学療法士の必要性が高まっています。

また、成人の生活習慣病の予防・改善の担い手としても理学療法士が求められるようになっています。さらに我が国では、からだに障害をもつ子どものリハビリテーションに携わる理学療法士が不足しており、育成が急がれています。

 

理学療法士の“仕事”とは

病気やその他の要因によって、からだの動きに障害をきたした人に対し、障害の改善と身体能力の向上を図る治療技術が“理学療法”です。理学療法士はその技術のまさに担い手であり、リハビリテーション医療における中心的な存在です。

 

理学療法士の“技”

理学療法には大きく分けて2つの治療技術があります。体操や筋力トレーニング、動作の練習など、身体を動かすことで障害の改善を図る“運動療法”と、電気刺激、マッサージ、牽引、温める・冷やすなどによって痛みや血液の循環を改善する“物理療法”です。

脳や神経の病気、ケガや骨・関節の病気に対し、これらの治療技術を用いて障害の改善を図ります。近年では肺や心臓の病気、また高血圧や糖尿病などの生活習慣病などに対しても、理学療法が適応される場面が増えてきています。

 

広がる理学療法士の仕事

理学療法士はからだに障害をもちながら自宅で暮らす方に対し、生活におけるからだの使い方の指導や、福祉用具の選定・住宅改修のアドバイスも行います。社会や職業に復帰をするために必要な訓練や支援を行うことも重要な仕事です。

今日では要介護状態にならないように健康の維持を働きかける“介護予防”の考え方が重要視され、高齢者の運動指導に携わる場面も年々増えてきています。

また、運動選手のトレーニングやコンディショニングに携わる理学療法士もいます。プロ選手だけでなく、大学・高校・中学の部活動のフィジカルサポートに携わる理学療法士も増えてきており、スポーツ分野におけるますますの活躍が期待されています。

 

自身の怪我から歩くことができない辛さを知り、怪我や病気でリハビリを必要としている方の力になりたいと思い、理学療法士をめざしました。

植草学園大学は少人数制の講義や実習が多く取り入れられており、同じ目標をもつ仲間とともに国家試験に向けて学業に励むことができます。また、学内で分からないことがあれば先輩が丁寧に教えてくださるので安心して過ごせます。学内ではサークル活動や選択授業で先輩や他学部の友だちと話す機会もあり、コミュニケーション能力の向上が図れます。小倉キャンパスの自然に恵まれたよい環境と充実した設備の中で、これから目標の実現に向けて有意義な学校生活を送れるようにがんばっていきたいです。

 

植草学園大学 保健医療学部 理学療法学科1年
石川 実樹
東京都立豊島高等学校出身

heamedi_img2016_002

 

想定される就職先・進路 注目されている資格“理学療法士”

heamedi_img005

病院やクリニックなどに就職。リハビリテーション室のほかベッドサイドやICU(集中治療室)で理学療法を行うこともあります。

heamedi_img006

老人保健施設や訪問看護ステーションなどに就職。施設の入所者や利用者、訪問リハビリテーションの利用者に理学療法を行います。

heamedi_img007

療育センター、特別支援学校などに就職。障害のある子どものリハビリテーション、療育、生活支援に携わります。

heamedi_img008

保健センター、市町村などに就職。地域の障害者の機能訓練事業、地域住民の健康増進事業などに携わります。

heamedi_img009

自治体や民間の身体障害者福祉センター、更生相談所、障害者(児)施設などに就職。障害のある方の生活や社会参加を支援します。

heamedi_img010

学問としての理学療法学やリハビリテーション、医療・医学に関する見識を深め、学術研究の方法論の修得をめざします。

heamedi_img011

スポーツ関連施設や企業、医療・リハビリテーション機器のメーカー、自治体・企業のトータル・ヘルスプロモーションプラン事業など

 

 学部長・学科主任からのメッセージ

heamedi_img016

やさしい心と確かな知識・技術をもった全人的医療の担い手になりましょう

急速に進展するわが国の高齢社会では、身体機能の障害をもちながら生活する方々が増えています。保健・医療分野では、このような方たちが生活の質を高くもち、いきいきと日々を過ごすことができるように専門的な技術支援をします。特に理学療法士は、身体の基本的な運動機能の回復をめざすことや、障害を防いでいくために大きな力を発揮する医療専門職です。

理学療法士になるためには、人にやさしい心をもち、自ら厳しく学ぶことが始まりとなります。身体のしくみや働き、発達や老化、病気や障害などを良く知り、治療、リハビリテーションを学んでいきます。本学では、1年生から早期体験としてリハビリテーション施設見学も行います。充実した専門科目を学び、理学療法士をめざして情熱と努副学長 力を惜しまない方、地域に貢献できる方を歓迎します。

副学長 保健医療学部長 小池 和子


heamedi_img2015_004

困難をもった人たちが、日々、あたりまえの生活活動ができるように。

人は、だれでも共通に食事をし、シャワーをあび、トイレに行き、外出する、人と会うなど、「あたりまえの生活活動」を日々繰り返しています。しかし、いったん病気やけがで、からだや心に障害をもつと、この「あたりまえの生活活動」が困難になります。世の中にはこの困難をもった人が大勢います。

理学療法士の仕事は、困難をもった人が、その人らしく「あたりまえの生活活動」を新たにできるように支援することです。人のからだや運動に関心のある人、障害をもった人の立場が分かる人、人間相手の仕事が好きな人、障害支援について科学として学びたい人、等々…理学療法士には、多様な人材が求められています。将来の日本の医療を担う理学療法士をめざしませんか。

理学療法学科主任 桑名 俊一