トピックス

令和2(2020)年度千葉県長期研修生 ―植草学園短期大学で学ぶにあたって-

短大 児童障害福祉専攻

植草学園大学・植草学園短期大学では、各地の教育委員会・教育センターから委託され、現職の小学校や特別支援学校等の先生方を研究生として受け入れています。
本学・児童障害福祉専攻の大きな特色は、“特別支援教育”“障害のある子どもの支援”等について学べることにあります。毎年、県内外の先生方が委託研究生として本学で学び、本学の教員・学生とともに、研究テーマを追究しています。
今年度は未だ本学学生が登校できない状況にありますので、学生たちが研修生の先生から学ぶ機会は残念ながらできていません。しかし、その研究成果は学生のみなさんにもしっかりと発信していきたいと思います。
今年度は1名の現職の先生が研究生として植草学園短期大学に在籍し、研究を深めていきます。研究テーマも含めて、自己紹介をしていただきました。

高橋 大悟  先生(習志野市立大久保東小学校教諭)

研究テーマ:
『通常の学級に在籍する発達障害のある児童への理解と支援の在り方

~ユニバーサルデザイン教育を生かした指導~』

令和2年度長期研修生として、植草学園短期大学 佐藤愼二先生のもとで研究をさせていただくことになりました。特別支援教育に造詣の深い先生方が多くいらっしゃる植草学園で、学校で困り感を抱える児童生徒のために、私自身の学びを深める機会を与えていただいたことに感謝しております。通常の学級の中で、どの児童生徒も自分らしさを発揮し、自己肯定感を高めながら学級参加をしていくため、学習指導と学習環境の在り方はどのようにあるべきなのか、またその実践方法について研究を行っていきたいと思っております。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。


佐藤 愼二教授 高橋 大悟先生

資料請求はこちら
ページの先頭へ