トピックス

植草学園大学附属美浜幼稚園のビオトープ作り

短大 児童障害福祉専攻

美浜幼稚園では、昨年から子どもと先生と学生が一緒になって、ビオトープ作りを計画しました。最初に、子どもたちが設計図を描き、みんなでイメージを共有しました。田んぼや落ち葉の堆肥場を作りました。ビオトープに植えた草やロードにまく竹チップは、すべて植草学園小倉キャンパスのビオトープから移植しました。竹チップは、大学生のみなさんが竹を粉砕してくれたものです。

残念なことに、今は限られた人しか幼稚園には入れないため、幼稚園の先生ががんばって作業を続けています。写真は、6月24日の放課後に、材木を切り出して図面通り並べ、ドリルで穴を開けて、地面にくい打ちをしてロードを作りました。そこにたけチップをまきました。

学生のみなさん、また附属園にボランティアに来てくださいね。子どもたちも待っています。

児童障害福祉専攻 教授
美浜幼稚園 副園長 植草一世

 

 


1道の図面と材料

2木材の切り出し

3材料を並べる

4図面通りに並べる

5ドリルで穴開け

6くい打ち

7チップを敷く

チップロード

完成イメージ

資料請求はこちら
ページの先頭へ