トピックス

日本保育学会の学術誌「保育学研究」最新号(58巻第2・3号合併号)に中澤学長、広瀬准教授の論文が掲載されました

大学 発達教育学部

日本保育学会の学術誌「保育学研究」最新号(58巻第2・3号合併号)に以下の広瀬先生、中澤学長の論文が掲載されました。

広瀬由紀・岩田美保(2020)
対人面に配慮を要する子と周辺の子との関わりの変容過程:特性も踏まえた上で仲間として互いに無理なく過ごせるまで 保育学研究,58,253-265.

山田恵美・小林直実・中澤 潤(2020)
幼稚園における降園活動の着座にみる幼児の発達:人的環境としての保育者・友達との関係に着目して 保育学研究,58,217-228.

また昨年度まで本学キャリア支援コーディネータをお勤めいただいていた奥谷先生(現所属 山梨県立大学)の論文も掲載されています。

奥谷佳子・砂上史子(2020)
幼稚園の協同的な遊びや活動における保育者の言語的援助:4・5歳児クラスのごっこ遊びと生活発表会に向けた活動における発話の分析 保育学研究,58,267-278.

同号には16論文が掲載されていますが、そのうち3件が本学関連の論文であるのは、快挙といえるでしょう。

 

 

資料請求はこちら
ページの先頭へ