トピックス

パラスポーツフェスタちば2020『ボッチャ対抗戦』出場 見事、3位入賞を果たす!!

短大 児童障害福祉専攻

11月14日(土)に、千葉ポートアリーナで「パラスポーツフェスタちば2020」が催されました。山本ゼミから「ボッチャ対抗戦」にA・Bの2チーム(10名)が参加しました。「ボッチャ対抗戦」には40チームが出場。最初にリーグ戦(4チーム)を戦い、リーグ戦1位の10チームによる決勝トーナメントが行われました。Aチームは快進撃を続け、リーグ戦を突破。決勝トーナメント準決勝で惜敗、3位決定戦に臨み、見事3位入賞を果たしました。

コロナ禍で、ゼミ仲間ともなかなか会えない状況でしたが、仲間の絆が深められ、他チームとも交流ができ、楽しい1日になりました。

 

高島美月(児童障害福祉専攻2年)

パラスポーツに参加するのは初めてでした。

ゼミの10人全員が揃って、大会に出ることができたことが何より嬉しかったです。そして、Bチームは惜しくも1回戦目で負けてしまいましたが、1勝することができました。Aチームが準決勝まで進むことができた時、仲間のことを全員で応援している姿を見て、ゼミとしての絆も深まったと思います。

10人全員揃って出場できたことに感謝しています。ありがとうございました。

須藤紗香(児童障害福祉専攻2年)

千葉ポートアリーナでボッチャ大会に参加しました。

たくさんのチームを見ている中で、いろいろな投げ方をしているのだと感じました。また、手が不自由な方は勾配具(ランプ)を使ったりして、チームのメンバーと協力し合ったりして楽しんで参加している様子が見られ、パラスポーツの楽しさを味わう1日になりました。この体験を通して、ボッチャはたくさんの方々が楽しんでできるスポーツだと改めて感じました。

 

石田恵理(児童障害福祉専攻2年)

パラスポーツフェスタに出場し、ボッチャを通して普段あまり会話することのない方々とお話をすることができ、とても楽しかったです。私はリーダーとして全ての試合に出ましたが、みんなのチームワークのおかげで3位になることができ、とてもいい思い出になりました!

安孫子優香(児童障害福祉専攻2年)

パラスポーツフェスタちばに参加し、「ボッチャ対抗戦」では、障害の有無や年齢など関係なく楽しめるスポーツで、どのチームも全力で楽しみながら参加していました。

山本ゼミの植短Aでは3位に入賞をすることができました。とても嬉しかったです。

関きらら(児童障害福祉専攻2年)

この大会で、初めて公式のボッチャ競技を行いました。最初は、簡単そうに思ったけれど、投げる力や角度など意外と難しく、面白かったです。また、遠隔授業でなかなか同じゼミの仲間と親しくなれない中、今回のボッチャをきっかけに仲良くなれて嬉しかったです。

菅翔太(児童障害福祉専攻2年)

公式のボッチャ大会に出るのは今回が初めてでした。練習を事前に、みんなで1回集まってしただけでした。当日の練習時間の合間に、出場チームの方々から投げ方や戦術などを教えてもらいました。そのおかげもあり40チームの中で3位になることができました。

大極可菜子(児童障害福祉専攻2年)

ボッチャを実際にやってみて、センスが大事だと思いました。私はボッチャセンスゼロで、(笑)という感じでしたが、友だちが活躍している姿を見ることができ、とても楽しかったです。

宮川莉奈(児童障害福祉専攻2年)

私は、ゼミの中に同じクラスの女子が一人もいなくて、とても不安な気持ちで今回の大会に参加したのですが、ボッチャを通してみんなと仲良くなれてすごく楽しかったです。部活をやっているような気分でした。次やる機会があればもっと練習して勝ちたいです。

西由博(児童障害福祉専攻2年)

今回は初めてのボッチャでした。最初の練習では、なかなかジャックボールに当てることも難しかったのですが、本番では多少自分なりに投げたいところに投げられたかなと思います。ボッチャは投げる位置を変えたり、相手チームのボールを飛ばしたりと、多くの工夫が必要で、とても面白い競技だと実感しました。

岩渕加奈子(児童障害福祉専攻2年)

私たち山本ゼミは、パラスポーツフェスタちばのボッチャ対抗戦に出場しました。ボッチャとはイタリア語でボールと言う意味だそうです。 会場では入場、試合前や試合後の消毒など、コロナ対策は万全でした。

参加40チーム中、私たちの植短Aチームはリーグ戦1位で、決勝トーナメントに進出、3位決定戦で勝利しました。練習は一度のみではありましたが、5人それぞれの個性が組み合わされ、作戦を練り、チームワークが生きた勝利でした。

車椅子でも健常者でも楽しめるが、単純だけど奥深い競技に私はとても興味をもち、今後も続けていこうと思います。的となるジャックボール(白ボール)に、相手よりどれだけ近付けるかを競う簡単なルールなので、ボッチャ人口が増えてもっとメジャーになると良いなと思いました。

 

資料請求はこちら
ページの先頭へ