短期大学

福祉学科(児童障害福祉専攻)

インクルーシブ保育の専門性をもつ保育士、幼稚園教諭に。

大事なこと、大切なことを、気付かせてくれる毎日です

花﨑 みのり(2年)
千葉県立大多喜高等学校出身

実習で特別支援学校に行き、大事なことに気付きました。それは、子どもは自分の気持ちを表情で表現していることです。言葉でうまく気持ちを表現できない障害のある子も一緒で、子どもはみんな同じだと気付いたのです。保育士をめざして短大に入学しましたが、今は特別支援学校で働きたいと思い始めています。
全国各地から学生が集まり、年齢差のある友人もいて、さまざまなカルチャーや価値観を吸収しています。私は昔から自分の考え方を曲げない頑固なところがあったのですが、人を認めて、肯定する大切さを学生生活で学びました。

特長

一人ひとりに寄り添える保育者を育成します

障害のある子どもにもない子どもにも、やさしく接することのできる保育士・幼稚園教諭を育成します。

障害の学びは保育・教育の原点です

全員が特別支援学校参観実習に行きます。障害、特別支援教育、そして、インクルージョンについて本格的に学ぶことができます。

多くの資格と免許が取得できます

2年間で「保育士資格」と「幼稚園教諭二種免許」の両方を取得します。
必要な科目を履修することで、「特別支援学校教諭二種免許」が取得できます。

本専攻で取得できる資格・免許

  • 保育士資格
  • 幼稚園教諭二種免許
  • 社会福祉主事任用資格
  • 特別支援学校教諭二種免許※1 ※2

 

その他の取得可能な資格

  • レクリエーション・インストラクター資格※2
  • ピアヘルパー資格※3
  • 准准学校心理士

※1 特別支援学校教諭になるためには、小学校教諭免許等が必要です。
※2 必要な科目を履修した場合に取得可能となる資格です。
※3 必要な科目を履修し試験に合格した場合に取得可能となる資格です。

未来の職業

  • 保育士
  • 幼稚園の先生
  • 認定こども園の先生 など

 

 

専攻主任からのメッセージ

どの子どもにもやさしい、インクルーシブな保育・教育をめざして。

「インクルージョン」という言葉を知っていますか?「包み込む」イメージです。本専攻は、障害の有無にかかわりなく、どの子どももやさしく包み込む「インクルーシブ保育」について真剣に考える短期大学です。障害支援に関する知識・技術を学ぶだけでなく、特別支援学校での参観実習等を通して、うまく自己表現ができない子どもの気持ちに寄り添う姿勢が高まるのです。どの子どもにもやさしいインクルーシブな保育・教育を実践できる保育者をめざしましょう。

児童障害福祉専攻主任 佐藤 愼二

植草学園SNS公式アカウント

資料請求はこちら
ページの先頭へ

都道府県から探す

直接入力することもできます

高校選択決定

閉じる