福祉学科(地域介護福祉専攻)

地域せ必要とされる介護福祉士をめざす

 

何が学べるの?

介護福祉士として必要な知識を学ぶのはもちろん、経験豊富な教員のもとで高度化・多様化する介護ニーズに対応できる実践力と応用力を身につけることができます。

 

どんな将来が待っている?

地域福祉の担い手として、高齢者・障害者の介護や自立生活支援にあたる介護福祉士としての活躍が期待されます。

regnurs_img2015_002

 

[この専攻で取得できる資格]
  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 介護保険事務士資格
[その他の取得可能な資格]
  • レクリエーション・インストラクター資格※
  • 健康管理士一般指導員資格※
  • ピアヘルパー資格※※
    ※必要な科目を履修した場合に取得可能となる資格です。 
    ※※必要な科目を履修し試験に合格した場合に取得可能となる資格です。

 

地域介護福祉専攻での学び

社会が求める質の高い介護・支援

急速な高齢社会を迎え、介護を必要とする人が増える中、高齢者も障害者も安心して、その人らしく質の高い生活をしたいと望んでいます。それを実現するためには、地域社会とのつながりを大切にし、専門性を備えた介護福祉士が必要です。これに応える専攻が地域介護福祉専攻です。

 

地域で活躍する支援者の養成

本専攻では高齢者・障害者の家庭および施設で介護にあたる職員をはじめ、地域における高齢者・障害者の自立生活支援にあたる職員など、広く高齢者・障害者の地域福祉に従事する人材を養成します。介護福祉士の資格取得に必要な授業科目に加え、地域福祉、家庭福祉、障害福祉に関わる授業科目などが充実しています。

 

社会が求める支援者をめざして

生活習慣病や生活不活発病といわれる高齢による衰弱、転倒、認知症などは予防や改善がある程度可能といわれています。介護予防を学ぶことで、その指導技術を磨くことができます。がんばり次第で健康管理士一般指導員資格を取得することもできます。
また、変化している介護保険制度に対応するため「介護の基本Ⅳ(介護サービス事務)」を学修します。試験合格者は介護保険事務士資格を得ることができます。

 

地域介護福祉専攻のすべての教員が、いずれかの国家資格を有しています

地域介護福祉専攻の全教員が、介護福祉士、社会福祉士、看護師、助産師、保健師のいずれかの国家資格を取得しており、これらは保健・医療・福祉全般にわたるものです。国家試験受験に関して、各教員が自らの経験をふまえ、的確に指導を行います。
日々の努力が実を結び、夢が叶う瞬間を味わいましょう。

 

『今』を理解するために、当事者の声や体験学習、そして社会の動きを大切にします

授業の中で、担当教員の講義だけでなく、それぞれの立場にある当事者をお招きしてお話しを伺います。また、地域に直接出向き、高齢者との話し合いや地域活動に参画します。「避難所運営ゲーム」や「福祉避難所のシミュレーション」のように、現在の社会問題に対応できる力も養います。

 

特色ある授業内容

地域に根ざした介護福祉が学べます

福祉学科地域介護福祉専攻 写真支えが必要となっても、可能な限り住み慣れた地域(場所)で暮らし続けることができるような支援を重要視しています。また、ご本人の思いや気持ち、意欲を大切にする関わり方を学びます。
「ふれあいサロン」や「ことぶき大学校」との交流では、地域で生活する高齢者と関わります。地域社会の人間関係とともに、支援にも生かせる「技(特技)」も学びます。
「災害・緊急時の介護」では演習「避難所演習ゲーム(HUG)」を通して災害時における自分たちの役割について学びます。

 

 

 

学びをみんなで共有します

「介護過程Ⅳ」では介護実習Ⅲ・Ⅳでの実践的な学びをまとめ、学内発表を行います。1年生は先輩の発表を聞き、次年度に向けての準備をします。

regnurs_img2015_005

regnurs_img2015_004

 

 介護実習科目、履修年次等

授業科目名 履修年次・期間 実習先
①介護実習Ⅰ
・児童福祉施設
・認知症高齢者のグループホーム
1年次 前期
1日・5日間
障害児入所施設
児童発達支援センター ほか
認知症対応型共同生活介護事業所
②介護実習Ⅱ
(通所介護事業所実習含む)
1年次 後期
9日間
特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
障害者支援施設
労災特別介護施設
社会福祉協議会、
特定非営利活動法人、
株式会社などの
居宅介護サービス事業所、
老人介護支援センター ほか
③介護実習Ⅲ 2年次 前期
13日間
④介護実習Ⅳ
(居宅訪問関連実習含む)
2年次 後期
18日間・2日間

 

私は高校生の時に参加した老人ホームのボランティアで福祉について学んでみたいと思うようになり、植草学園短期大学へ進学しました。短大では専門的な知識を学ぶことができ、多くの実習を通して実践力や応用力、地域社会の人間関係と社会性も身につけることができます。介護の基礎的な学習や実習も、経験豊かな先生方のサポートにより不安なく取り組むことができます。
これからは十分な知識と技術を身につけられるよう基礎からしっかりと学び、積極的にがんばりたいと思います。卒業後は「向上心」と「思いやりの心」を忘れずに、私の介護に安心、信頼してもらえるような介護福祉士をめざしたいと思います。この2年間、楽しい充実した学園生活が過ごせるよう仲間と支え合ってがんばります。

植草学園短期大学 福祉学科 地域介護福祉専攻1年
久保田 里沙
千葉県私立植草学園大学附属高等学校出身

久保田 里沙さん

 

学科長・専攻主任からのメッセージ

regnurs_img006

地域の中ではぐくまれた、その人らしい生活を支える専門職へ

多くの人は、年老いても、障害、疾病があっても、住み慣れた地域で自分らしい生活を望んでいます。そのために存在する支援者が介護福祉士です。

しかし、何らかの事情で住み慣れた地域を離れるかもしれません。自分らしい生活実現のために我々はどうすればよいのでしょうか?地域ではぐくんだ「その方の物語」を糸口に解決の道が開けるかもしれません。地域社会にある介護の問題は、地域にその解決の糸口があります

介護福祉の理論と実践を学び、「地域社会」を見据えた介護福祉士として育つあなたを支えます。

 

福祉学科長 地域介護福祉専攻主任 布施 千草